軍事情報局がイドリブ県での戦闘参加に消極的な親政権民兵組織の部族軍のメンバー複数人を拘束、司令官は自宅軟禁に(2019年8月15日)

ラッカ県では、ジュルフ・ニュース(8月16日付)によると、軍事情報局がシリア政府支配下のガーニム・アリー村、ブー・ハマド村、マアダーン町で大規模な家宅捜索を実施し、トゥルキー・ブーハムド氏が率いる親政権民兵組織の部族軍のメンバー複数人を拘束、武器弾薬、盗品を押収した。

ブーハムド氏自身は、軍事治安局と空軍情報部に「仲介料」として、2億シリア・ポンドあまりを支払うことで逮捕を免れ、自宅軟禁状態に置かれているという。

なお、シリア軍は部族軍に対してイドリブ県やハマー県での戦闘に300名の戦闘員を派遣するよう要請していたが、部族軍のメンバー8人が、動員を嫌い、北・東シリア自治局の支配地域に逃亡していた。

AFP, August 16, 2019、ANHA, August 16, 2019、AP, August 16, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 16, 2019、Jurf News, August 15, 2019、Reuters, August 16, 2019、SANA, August 16, 2019、SOHR, August 16, 2019、UPI, August 16, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク