トルコ占領下のアフリーン市でイスラーム軍、グータ地方からの避難民がスルターン・ムラード師団と交戦(2019年9月9日)

アレッポ県では、ANHA(9月9日付)によると、トルコ占領下のアフリーン市内のラージュー街道で午後、イスラーム軍とスルターン・ムラード師団が交戦し、双方に負傷者が出た。

また同日晩には、ヴィーラート地区で、反体制武装集団戦闘員とともにダマスカス郊外県東グータ地方から退去してきた住民とスルターン・ムラード師団が交戦した。

**

同じくアレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(9月9日付)によると、トルコ占領下のアアザーズ市で大きな爆発が発生し、綿花を摘んだ貨物車輌4台が炎上、ホワイト・ヘルメットが消火活動にあたった。

爆発の理由は不明で、4人が負傷した。

AFP, September 9, 2019、ANHA, September 9, 2019、AP, September 9, 2019、al-Durar al-Shamiya, September 9, 2019、Reuters, September 9, 2019、SANA, September 9, 2019、SOHR, September 9, 2019、UPI, September 9, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク