シリアの外務在外居住者省はエルドアン大統領の演説を「現実から乖離した空虚な発言」と一蹴(2020年2月12日)

シリアの外務在外居住者省筋は、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の大国民議会(国会)での演説に関して「現実から乖離し、事態を何ら理解していないた者以外の誰も発することのない、無知に彩られた空虚な発言」と非難した。

SANA(2月12日付)が伝えた。

AFP, February 12, 2020、ANHA, February 12, 2020、AP, February 12, 2020、al-Durar al-Shamiya, February 12, 2020、Reuters, February 12, 2020、SANA, February 12, 2020、SOHR, February 12, 2020、UPI, February 12, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク