法務省はマフルーフ氏の凍結資産を管理する司法監督人任命に関する偽情報を否定(2020年5月20日)

法務省はフェイスブックの公式アカウント(https://www.facebook.com/MOJ.SYR/)を通じて声明を出し、アサド大統領のいとこでビジネスマンのラーミー・マフルーフ氏と妻子の凍結資産を管理する司法監督人が任命されたとする偽情報が拡散されていると発表し、これを否定、ネットで拡散されていたとされる偽造文書を公開した。

法務省の声明は以下の通り。

一部HPやSNSで、偏った部外者が発信源となっている偽造された決定が拡散された。この決定は、法務省によるもので、ラーミー・マフルーフの動産、不動産を管理する司法監督人が任命されたというものだ…。法務省は本件に関して決定が発出されたとの情報を否定する。とくに、噂やフェイクニュースを拡散し、混乱を持たそうとして、この問題を利用しようとする多くのホームページ、さらにはサイトが存在するなか、SNSにおいて発表されている誤った情報を伝える際には正確さと慎重さを期するよう呼びかけたい。こうした行為は処罰の対象となる。

公開された偽造文書には、アサド大統領の妻のファウワーズ・アフラス氏の兄弟のフィラース・アフラス氏が司法監督人に任命されたと記されている。

なお、マフルーフ氏は19日、フェイスブックの公式アカウント(https://www.facebook.com/RamiMakhloufSY/)で発表したコメントのなかで、「法廷に会社(シリアテル)を運営する司法監督人を任命するよう求めることで、私を会社の経営から遠ざけようとしている」と述べていた。

AFP, May 20, 2020、ANHA, May 20, 2020、AP, May 20, 2020、al-Durar al-Shamiya, May 20, 2020、Reuters, May 20, 2020、SANA, May 20, 2020、SOHR, May 20, 2020、UPI, May 20, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク