北・東シリア自治局は新型コロナウイルス感染症対策としてジャズィーラ地域で再び外出禁止令を発出(2020年7月29日)

北・東シリア自治局の執行評議会は決定第86号を施行し、新型コロナウイルス感染拡大に対処するため、7月30日から10日間、ジャズィーラ地域で外出禁止令を発出した。

この間、ジャズィーラ地域内外への移動は、商業目的を除いて禁止されるとともに、スポーツ施設、式場、カフェの営業、市内の旅客バスでの移動が禁止される。

**

また、北・東シリア自治局ジャズィーラ地域の危機対策チームは域内での新型コロナウイルス感染者が8人に増加、数十人に感染の疑いがあることを明らかにしたうえで、7月30日から外出禁止令を発出することを決定した。

さらに、北・東シリア自治局ユーフラテス地域の宗教機構は声明を出し、犠牲祭、金曜日の集団礼拝、モスク内での集会を中止すると発表した。

AFP, July 29, 2020、ANHA, July 29, 2020、AP, July 29, 2020、al-Durar al-Shamiya, July 29, 2020、Reuters, July 29, 2020、SANA, July 29, 2020、SOHR, July 29, 2020、UPI, July 29, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク