アサド大統領は故ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相への弔電を受け取る(2020年11月17日)

アサド大統領は、前日に引き続いて、イランのアリー・ラリージャーニー最高指導者顧問、トルコ祖国党のドーウ・ペリンチェク書記長、アラブ諸政党大会のカースィム・サーリフ事務局長、レバノン・イスラーム教シーア派最高評議会のアブドゥルアミール・カバラーン議長、、レバノンのイスラーム行動戦線、チュニジアの国民闘争運動、パレスチナのイスラーム聖戦運動のズィヤード・ナハーラ書記長から、11月16日に死去したワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相への弔電を受け取った。

SANA(11月17日付)が伝えた。

AFP, November 17, 2020、ANHA, November 17, 2020、al-Durar al-Shamiya, November 17, 2020、Reuters, November 17, 2020、SANA, November 17, 2020、SOHR, November 17, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.