アラビーヤ:ロシアはイランの勢力伸長に対抗するためハサカ県で新たな民兵の結成をめざす(2021年2月18日)

アラビーヤ(2月18日付)は、ロシアが最近になってハサカ県内の北・東シリア自治局支配地域の部族からなる新たな民兵を結成しようとしていると伝えた。

同チャンネルによると、ロシア軍は2月10日、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるカーミシュリー市で、部族の名士や指導者らと会合を開いた。

この会合は、シリア政府との連携のもとに開催され、バニー・サブア部族の族長ら、カーミシュリー市とハサカ市の部族長らが出席し、ロシア側は部族の子息による民兵結成を要請した。

目的は、イランの勢力伸長に対抗するためだという。

AFP, February 18, 2021、Alarabia, February 18, 2021、ANHA, February 18, 2021、al-Durar al-Shamiya, February 18, 2021、Reuters, February 18, 2021、SANA, February 18, 2021、SOHR, February 18, 2021などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.