シリア国民軍を構成する武装集団のうちムウタスィム師団、ハムザ師団など5組織がトルコの指導のもと統合し、新組織を結成(2021年9月4日)

レバノンのムドゥン(9月4日付)によると、シリア国民軍を構成する武装集団のうちムウタスィム師団、ハムザ師団、第20師団、スルターン・スライマーン・シャー師団、北部の鷹旅団の5組織がトルコの指導のもとに会合を重ねた末に統合した。

新たに結成された統合組織の司令官には、ムウタスィム師団を率いていたムウタスィム・アッバース氏が、副司令官にはハムザ師団を率いていたサイフ・ブーラード氏が就任した。

新組織の結成は、アズム統合司令室の活動をめぐるムウタスィム師団とシャーム戦線の交渉が暗礁に乗り上げるなかで実現した。

AFP, September 5, 2021、ANHA, September 5, 2021、al-Durar al-Shamiya, September 5, 2021、al-Mudun, September 4, 2021、Reuters, September 5, 2021、SANA, September 5, 2021、SOHR, September 5, 2021などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.