ダイル・ザウル県スブハ村でシリア民主軍の弾圧や盗奪行為に対する抗議デモが発生、シリア民主軍が実弾を発砲し住民多数が負傷(2021年9月12日)

ダイル・ザウル県では、SANA(9月12日付)によると、ダイル・ザウル民政評議会(北・東シリア自治局)の支配下にあるスブハ村で人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の弾圧や盗奪行為に対する抗議デモが発生した。

シリア人権監視団によると、デモ参加者はシリア民主軍による逮捕者の釈放を求めた。

これに対して、シリア民主軍がデモ参加者を強制排除しようとして、実弾を発砲、多数の住民が負傷した。

**

ハサカ県、シリア人権監視団によると、米主導の有志連合の車列が兵站物資などを積んで、イラクとの国境に違法に設置されているワリード国境通行所からシリア領内に新たに進入した。

AFP, September 12, 2021、ANHA, September 12, 2021、al-Durar al-Shamiya, September 12, 2021、Reuters, September 12, 2021、SANA, September 12, 2021、SOHR, September 12, 2021などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.