トルコ占領下のアレッポ県ジャラーブルス市で爆弾2発が相次いで爆発し、住民多数死傷(2021年9月27日)

アレッポ県では、SANA(9月28日付)によると、トルコの占領下にあるジャラーブルス市でオートバイなどに仕掛けられていた爆弾2発が相次いで爆発し、住民多数が負傷した。

ANHA(9月28日付)によると、15人が負傷、シリア人権監視団によると、2人が死亡、女性3人と子供5人を含む14人以上が負傷した。

**

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、トルコの占領下にあるラアス・アイン市でシリア国民軍に所属するムウタスィム師団の戦闘員どうしが交戦、戦闘員4人が死亡、5人が負傷した。

AFP, September 27, 2021、ANHA, September 27, 2021、al-Durar al-Shamiya, September 27, 2021、Reuters, September 27, 2021、SANA, September 27, 2021、SOHR, September 27, 2021などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.