シリア国内の暴力(2014年7月4日)

アレッポ県では、SANA(7月4日付)によると、軍がシャイフ・ナッジャール市工業団地地区を制圧し、同地の治安と安定を回復、また「テロリスト」の追撃を行い、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

SANA, July 4, 2014

SANA, July 4, 2014

一方、シリア人権監視団によると、シリア軍は、シャイフ・ナッジャール市の北東部に位置するカフルサギール村、ラフマーニーヤ村で、シャームの民のヌスラ戦線、ムジャーヒディーン軍、ムハージリーン・ワ・アンサール軍(外国人)などからなるジハード主義武装集団と交戦の末、同地を制圧した。

両者の戦闘はまた、マクバラ村近郊のマアバディーヤ村でも発生し、軍はその後、シャイフ・ナッジャール市工業団地地区の第1ブロックの半分、第2ブロック、第3ブロックを制圧していったという。

これに対して、ムハージリーン・ワ・アンサール軍は、アレッポ中央刑務所周辺のビル1棟を占拠し、軍と交戦したという。

また、シリア人権監視団によると、シリア軍ヘリコプターがアレッポ市バーブ街道地区、マサーキン・ハナーヌー地区、ライラムーン地区、ジャンドゥール交差点を空爆、ザフラー地区(空軍情報部一帯)では、軍、国防隊が、外国人戦闘員からなるムハージリーン・ワ・アンサール軍、シャーム軍団などジハード主義武装集団と交戦した。

さらにシリア軍はシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団が占拠するマーリア市、タッル・リフアト市一帯、アターリブ市近郊を空爆した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シャイフ・ハディード町での軍との戦闘で、ジハード主義武装集団戦闘員でイスラーム教ウラマー連盟代表の息子が死亡した。

一方、SANA(7月4日付)によると、ムハルダ市北部で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、カラムーン地方のフライタ村郊外の無人地帯(レバノン国境近く)、ダーライヤー市各所をシリア軍が空爆した。

一方、SANA(7月4日付)によると、サクバー市、ハラスター市、ムライハ市郊外、アイン・タルマー渓谷、マイダアー市およびその郊外、ザバダーニー市で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、SANA(7月4日付)によると、ジャウバル区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、ドゥーマー殉教者旅団の戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(7月4日付)によると、ジャッブーリーン村、カフルラーハー市、スィルハーニーヤ村、下ヒルバト村、ワーディー・ミーラー村、ブライジュ村、ウンム・シャルシューフ村周辺、クサイル市郊外で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(7月4日付)によると、ハビーブ村、ウンム・ワラド村、アトマーン村・タファス市街道交差点、ヤードゥーダ村、ジャースィム市、ダーイル町、インヒル市、ダルアー市各所、東ガーリヤ村・フラーク市街道、アトマーン村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

クナイトラ県では、SANA(7月4日付)によると、ダワーヤ・スグラー村、ウーファーニヤー村、カフターニーヤ町、ハルシュ・ムムティナ村などで、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、SANA(7月4日付)によると、マアッラトミスリーン市西部、ビダーマー町、ジャドラーヤー村、ハーッジ・ハンムード農場、ザーウィヤ山、アブー・ズフール町西部などで、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、SANA(7月4日付)によると、アイン・サームール村、アブー・リーシュ村郊外、カスタル・シャイフ・ヌーリー村、ダッラ村、フルワ村、ハーン・ジャウズ村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, July 4, 2014、AP, July 4, 2014、ARA News, July 4, 2014、Champress, July 4, 2014、al-Hayat, July 5, 2014、Kull-na Shuraka’, July 4, 2014、al-Mada Press, July 4, 2014、Naharnet, July 4, 2014、NNA, July 4, 2014、Reuters, July 4, 2014、SANA, July 4, 2014、UPI, July 4, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.