イスラーム国(ダーイシュ)をめぐる動き(2014年7月31日)

シリア国内の動き

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アイン・アラブ市(クルド語名コバーニー)西部郊外で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊とダーイシュ(イスラーム国)が交戦し、ダーイシュ戦闘員35人が殺害し、同地一帯の村々を奪還、ダーイシュの拠点複数箇所を制圧した。

人民防衛部隊側も隊員14人が死亡した。

同監視団によると、ダーイシュはアイン・アラブ市とアフタリーン市を結ぶ対トルコ国境地帯の制圧をめざし、アイン・アラブ市攻略を進めていたという。

なお、アフタリーン市方面では、シャームの民のヌスラ戦線、イスラーム戦線が撤退し、ダーイシュはクルド人戦線旅団と交戦を続けている。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、キシュキーヤ町、アブー・ハマーム市、ガラーニージュ市一帯で、シュアイタート部族の民兵とダーイシュ(イスラーム国)が交戦した。

この戦闘に関して、シュアイタート部族民兵や活動家らは、インターネット上に殺害したダーイシュ戦闘員の写真などを公開、「シュアイタートはダーイシュどもに対して蜂起する」、「ダーイシュの傭兵に対する民衆抵抗」といったメッセージを書き込んだ。

これを受け、ダーイシュは、マヤーディーン市とアシャーラ市を結ぶ橋を閉鎖、ブサイラ市からガラーンンジュ村に至る地域一帯の検問所を強化、キシュキーヤ町、ガラーニージュ市、アブー・ハマーム市で強制捜査や住民の逮捕を行う一方、何者かがアシャーラ市に架かる橋にあるダーイシュ検問所に向けて発砲した。

一方、クッルナー・シュラカー(7月31日付)によると、ダーイシュは戦闘員数百人と重車輌を投入し、シュアイタート部族民兵に対抗、約60人を捕捉した。

他方、SANA(7月31日付)によると、ダイル・ザウル市ハウィーカ地区、ラシュディーヤ地区、旧空港地区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、外国人戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

ARA News, July 31, 2014

ARA News, July 31, 2014

**

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ハサカ市郊外のマシュタル地区からダーイシュ(イスラーム国)が同市内に向けて迫撃砲を発射、7発が着弾、住民3人(ARA News(7月31日付)によると4人)が死亡した。

またシリア軍がハサカ市南部のサブア・スクール地区でダーイシュと交戦、双方に死傷者が出た。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がシリア軍第93旅団基地への突入準備に向けて同基地周辺に集結、住民に退去を呼びかけた。

これに対してシリア軍は地対地ミサイルで基地周辺を攻撃した。

イラク国内の動き

サラーフッディーン県では、マダー・プレス(7月31日付)によると、イラク軍がブー・ハサン村、ブーリダー村などを空爆し、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員27人を殺害した。

**

キルクーク県では、マダー・プレス(7月31日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がキルクーク市西部のザーブ地方で、忠誠を拒否したジュブール部族の族長の妻を殺害した。

またキルクーク市南部のターザ地方をダーイシュが砲撃した。

**

バービル県では、マダー・プレス(7月31日付)によると、イラク軍はジュルフ・サフル地方の複数箇所を空爆し、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員20人を殺害した。

AFP, July 31, 2014、AP, July 31, 2014、ARA News, July 31, 2014、Champress, July 31, 2014、al-Hayat, August 1, 2014、Kull-na Shuraka’, July 31, 2014、al-Mada Press, July 31, 2014、Naharnet, July 31, 2014、NNA, July 31, 2014、Reuters, July 31, 2014、SANA, July 31, 2014、UPI, July 31, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: イラクの動き, シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク