イスラーム国(ダーイシュ)をめぐる動き(2014年8月3日)

シリア国内の動き

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、カラムーン地方の無人地帯(対レバノン国境地帯)を軍が砲撃、国防隊、ヒズブッラー戦闘員とともに、シャームの民のヌスラ戦線、ダーイシュ(イスラーム国)などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

この戦闘で、ヒズブッラー戦闘員4人が死亡、またシリア軍はカーラ市一帯も空爆したという。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、第93旅団基地周辺(アイン・イーサー市)で、シリア軍とダーイシュ(イスラーム国)が交戦した。

また、ARA News(8月3日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が撤退したファイヌータ村とバルカル村(タッル・アブヤド市近郊)を西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊が制圧した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダラニー村、スワイダーン・ジャズィーラ村、アブー・ハマーム市で、ダーイシュ(イスラーム国)とシュアイタート部族の民兵が交戦し、ダーイシュにモロッコ人戦闘員とチェチェン人戦闘員の2人が死亡した。

またマヤーディーン市に近いバクラス町の砂漠地帯で武装集団がダーイシュを要撃し、ダーイシュ戦闘員2人が死亡した。

さらにブーライル村では、ダーイシュと戦うシュアイタート部族への支持を表明するデモが行われ、住民らが参加した。

一方、ダーイシュは、ジハード主義武装集団の元司令官を逮捕した。

他方、シリア軍はクーリーヤ市を砲撃、またティヤーナ村のダーイシュ拠点を空爆したもの、子供1人を含む4人が技師となった。

空爆はダーイシュが撤退したあとに行われたという。

**

ヒムス県では、SANA(8月3日付)によると、シャーイル山(ハマー県)西部一帯の軍検問所を襲撃しようとした武装集団を軍が撃退した。

**

ハサカ県では、ARA News(8月4日付)によると、ハサカ市ナシュワ地区でシリア治安当局のパトロール部隊を狙った爆弾テロが発生し、隊員2人が負傷、またシリア軍が展開する同市南部に迫撃砲弾1発が着弾した。

これを受け、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊とアサーイシュがハサカ県アズィーズィーヤ地区などに展開し、治安維持活動にあたった。

また、シリア軍も、ダーイシュ(イスラーム国)が展開するハサカ市南部のフール村をヘリコプターで空爆したほか、カーミシュリー市南部にあるダーイシュの拠点タッル・ハミース市近郊を砲撃した。

一方、SANA(8月3日付)によると、カーミシュリー市東部郊外のラフヤート村一帯に潜入しようとした武装集団を軍が撃退した。

またラーシディーヤ村の武装集団拠点を軍が攻撃した。

イラク国内の動き

ニナワ県では、マダー・プレス(8月3日付)、ARA News(8月3日付)などによると、イラク・クルディスタン地域ペシュメルガの撤退を受け、ダーイシュ(イスラーム国)がスィンジャール郡を制圧、同地にあるヤズィーディー派の巡礼地や礼拝所多数を爆破、破壊した。

これを受け、イラク・クルディスタン地域ペシュメルガが同地への増援部隊派遣を決定した。

またダーイシュが占拠するモスル・ダム近くでペシュメルガとダーイシュが交戦した。

一方、イラク軍はタッルアファル郡を空爆し、ダーイシュ戦闘員100人を死傷させた。

**

バービル県では、マダー・プレス(8月3日付)によると、バービル県、バグダード県の合同治安部隊がジュルフ・サフル地方でダーイシュ(イスラーム国)の掃討を進め、ダーイシュ戦闘員40人を殲滅し、車輌多数を破壊した。

**

バグダード県では、マダー・プレス(8月3日付)によると、アブー・グライブ地方のザイダーン村で、イラク軍とダーイシュ(イスラーム国)が交戦し、ダーイシュ戦闘員2人、イラク軍兵士1人が死亡した。

**

サラーフッディーン県では、マダー・プレス(8月3日付)によると、トゥーズ郡のサラーム村のダーイシュ(イスラーム国)拠点をイラク軍が空爆し、ダーイシュ戦闘員45人が死傷、車輌35輌が破壊された。

**

アンバール県では、マダー・プレス(8月3日付)によると、カダー郡でイラク軍とダーイシュ(イスラーム国)が交戦し、ダーイシュ戦闘員16人を殺害、逮捕、車輌13輌を破壊した。

AFP, August 3, 2014、AP, August 3, 2014、ARA News, August 3, 2014、August 4, 2014、Champress, August 3, 2014、al-Hayat, August 4, 2014、Kull-na Shuraka’, August 3, 2014、al-Mada Press, August 3, 2014、Naharnet, August 3, 2014、NNA, August 3, 2014、Reuters, August 3, 2014、SANA, August 3, 2014、UPI, August 3, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.