イスラーム国(ダーイシュ)をめぐる動き(2014年8月9日)

シリア国内の動き

クッルナー・シュラカー(8月9日付)は、ダーイシュ(イスラーム国)がシリア政府との間で、ダイル・ザウル県ウマル油田で採掘した原油を、ヒムス市近郊の第4製油所に搬送することを取り決めた合意を交わした、と報じた(真偽は不明)。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ガラーニージュ市で、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員が部族民兵の検問所に自爆攻撃を行った。

またムサッラブ村・タリーフ村間で、何者かがダーイシュ司令官が乗った車を襲撃し、同乗していた2人を殺害した。

さらにムーハサン市をシリア軍が空爆し、女性2人、子供1人を含む一家5人が死亡した。

一方、クッルナー・シュラカー(8月9日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が、人道支援物資を積んでダイル・ザウル市に向かっていたシリア赤新月社の車列(6輌)を捕捉した。

同報道によると、ダーイシュはこれに先立って、シリア赤新月社の車輌12輌の通過を許可していた。

シリア人権監視団によると、ダーイシュはウマル油田に併設された工業団地に住む住民に対して1週間以内に退去するよう通達した。

同団地にダーイシュ戦闘員の家族を居住させるのが目的だという。

これに関連して、クッルナー・シュラカー(8月9日付)は、ダーイシュ(イスラーム国)がウマル油田近くの砂漠で守衛、労働者ら9人を銃殺刑に処したと報じた。

他方、SANA(8月9日付)によると、ダイル・ザウル県郊外の住民が複数の村でダーイシュ(イスラーム国)の攻撃に対抗、撃退した。

Kull-na Shuraka', August 9, 2014

Kull-na Shuraka’, August 9, 2014

**

ハサカ県では、ARA News(8月9日付)によると、カーミシュリー市近郊のジャムアーヤ村で爆弾が仕掛けられた車が爆発し、住民3人が負傷した。

また、シリア人権監視団によると、ハサカ市のムフティー地区とタッル・ハジャル地区に迫撃砲弾複数発が着弾し、子供1人と女性1人を含む5人が負傷した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がタッル・アブヤド市郊外のクルド人の村タッル・アフダルに、中国人戦闘員数十人を居住させた。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)が占拠するバーブ市各所を郡が空爆した。

またダーイシュは、クワイリス航空基地のシリア軍拠点を砲撃した。

他方、SANA(8月9日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が占拠するバーブ市で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

イラク国内の動き

アンバール県では、マダー・プレス(8月9日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がバルワーナ橋を爆破、破壊した。

**

バービル県では、マダー・プレス(8月9日付)によると、ジュルフ・サフル地方をイラク軍が空爆し、ダーイシュ(イスラーム国)司令官のアブー・アーミル・ディヤーリー氏を殺害した。

またイラク軍は同地方各所で、ダーイシュ戦闘員11人を殺害した。

**

イラク内務省によると、バグダード県南部のアラブ・ジャッブール地区でのダーイシュ(イスラーム国)との交戦で、イラク軍兵士6人が死亡した。

AFP, August 9, 2014、AP, August 9, 2014、ARA News, August 9, 2014、Champress, August 9, 2014、al-Hayat, August 10, 2014、August 11, 2014、Kull-na Shuraka’, August 9, 2014、al-Mada Press, August 9, 2014、Naharnet, August 9, 2014、NNA, August 9, 2014、Reuters, August 9, 2014、SANA, August 9, 2014、UPI, August 9, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.