2013年7月12日のシリア情勢

シリア政府の動き

DPI(7月11日付)は、シリアの複数の消息筋の話として、シリア国内で軍を支援しているとされるレバノンのヒズブッラー戦闘員やイラクの戦闘員約40,000人に国籍を付与する措置を始めたと報じた。

戦闘員らはシーア派で、ドゥルーズ派が多く住み、イスラエルに近いスワイダー県に主に居住しているという。

**

ムハンマド・アナス・ムハンマド・シャーミー人民議会(アレッポ市、A部門、無所属)はフェイスブック(7月12日付)で、アレッポ市に対する軍の包囲に抗議して、議員資格を自ら停止する、と宣言した。

反体制勢力の動き

ロイター通信(7月12日付)によると、シリア人権監視団のラーミー・アブドゥッラフマーン代表は、自由シリア軍のイラク・シャーム・イスラーム国の間で最近になって対立が激化していると述べた。

アブドゥッラフマーン代表によると、7月5日にはイドリブ県で、イラク・シャーム・イスラーム国の戦闘員が自由シリア軍の司令官の首を切断して、殺害するなど、緊張が高まっているという。

**

シリア・イスラーム解放戦線司令官でシャイフのアナス・アルヌートは、ロイター通信(7月12日付)に対して、「我々は彼ら(アラウィー派)の村、彼らの住居に集中せねばならない…。彼らのインフラに打撃を与えねばならない。彼らを安全に暮らしたままにしておいたら、何も変わらない。なぜなら彼らは体制の庇護のもとにあるからだ」と述べた。

国内の暴力

ダマスカス県では、シリア人権監視団、SANA(7月12日付)によると、アマーラ地区(タフリール広場近くのサーダート通り)に迫撃砲弾が3発着弾し、市民6人が死亡、数十人が負傷した。

また、シリア人権監視団によると、バルザ区、カーブーン区、ジャウバル区、アサーリー地区に対する軍の砲撃が激化し、カーブーン区では迫撃砲弾が着弾し、市民9人が死亡した。

さらに、ヤルムーク区では、カーブーン区にいたる検問所を制圧した反体制武装集団と軍が交戦した。

一方、SANA(7月12日付)によると、カーブーン区、バルザ区で、軍が反体制武装集団を追撃、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ムウダミーヤト・シャーム市、アイン・タルマー村、バービッラー市などで、軍と反体制武装集団が交戦し、軍が砲撃を加えた。

一方、SANA(7月12日付)によると、ハラスター市、ドゥーマー市郊外、アドラー市、ムライハ市、ズィヤービーヤ町で、軍が反体制武装集団を追撃、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ダルアー市内各所、ダーイル町、タスィール町、ワーディー・ヤルムークの村々で、軍と反体制武装集団が交戦し、軍が砲撃を加えた。

また、クッルナー・シュラカー(7月13日付)によると、県内の検問所を視察していた与党シリア民族社会党のサラーム・サアディーが乗っていた車が、反体制武装集団の襲撃を受け、サアディーが暗殺された。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ヒムス市バーブ・フード地区、トゥルクマーン地区、ハーリディーヤ地区、ワルシャ地区、ジャウラト・シヤーフ地区、ダール・カビーラ村、カルアト・ヒスン市、ザーラ村、ハスラジーヤ村周辺、クマイリー村で、軍と反体制武装集団が交戦、また軍が空爆・砲撃を加え、複数人が死傷した。

うちカルアト・ヒスン市とタッルカラフ市郊外のザーラ村では、軍が空爆に先立って、住民に対して12日午前9時までに退去するよう通達し、砲撃の準備を行っていた。

またユーチューブなどに、UNESCO世界文化遺産のカルアト・ヒスン(クラック・デ・シュヴァリエ)を軍が空爆、破壊する映像(http://www.youtube.com/watch?v=QipF67RhX9Yなど)がアップされた。

一方、SANA(7月12日付)によると、ヒムス市のハーリディーヤ地区、バーブ・フード地区、ワルシャ地区、ジャウラト・シヤーフ地区、ハミーディーヤ地区、カラービース地区、バイト・ハッジュー市、キースィーン市、ラスタン市、タルビーサ市、クマイリー村で、軍が反体制武装集団を追撃、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、ハマー市のクスール地区、ウライリーヤート地区、シャリーア地区、バーブ・クブラー地区、および同市郊外のアビー・フィダー地区、ダーヒヤ・シャヒード地区に軍が展開し、逮捕摘発活動を行った。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アフリーン市および同市周辺の村々が、ダイル・ジャマール地方の鉄塔を反体制武装集団が破壊したことで、停電に見舞われた。

アレッポ市では、アシュラフィーヤ地区、シャイフ・マクスード地区で、軍と反体制武装集団が交戦した。

一方、SANA(7月12日付)によると、アレッポ中央刑務所周辺、ヒーラーン村、マンナグ航空基地周辺、ハーン・アサル村で、軍が反体制武装集団を追撃、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

またアレッポ市では、ラーシディーン地区、旧市街で、軍が反体制武装集団を追撃、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ザーウィヤ山で、軍と反体制武装集団が交戦した。

一方、SANA(7月12日付)によると、マアッラト・ヌウマーン市で、軍が反体制武装集団を追撃、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダイル・ザウル市の工業地区、航空基地周辺で、軍と反体制武装集団が交戦した。

一方、SANA(7月12日付)によると、ダイル・ザウル市のハウィーカ地区、工業地区、労働者住宅地区、ジュバイラ地区、マリーイーヤ村、マヤーディーン市で、軍が反体制武装集団と交戦、ユーフラテス殉教者大隊、ハック大隊の戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、アイン・イーサー市の第93旅団本部に複数の迫撃砲弾が着弾した。

**

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、カーミシュリー市のシリア・アラブ航空事務所前の街道で、爆弾を仕掛けた車を爆発させようとしていた男を民主連合党人民防衛隊が殺害した。

また反体制武装集団が、カフターニーヤ市(クルド語名ディルベ・スピーイェ)郊外でクルド人2人を誘拐した。

レバノンの動き

LBCI(7月12日付)によると、シリアの反体制武装集団に参加して、シリア軍と戦っていたレバノンの北部県トリポリ市出身の男性1人が死亡、1人が負傷した、と報じた。

諸外国の動き

イランのアリー・アクバル・サーレヒー外務大臣がトルコを訪問、アフメト・ダウトオール外務大臣と会談し、シリア情勢などについて協議した。

会談後の記者会見で、両国外相は、ラマダーン月の停戦を呼びかけた。

UPI(7月12日付)などが報じた。

**

英国下院は、シリアの反体制勢力への武器供与に関して、内閣が議会に「事前に明確な同意」を得ることを義務づける決議案を114対1で可決した。

ロイター通信(7月12日付)が報じた。

AFP, July 12, 2013、al-Hayat, July 13, 2013、Kull-na Shuraka’, July 12, 2013, July 13, 2013、Kurdonline, July 12, 2013、LBCI, July 12, 2013、Naharnet, July 12, 2013、Reuters, July 12, 2013、SANA, July 12, 2013、UPI, July 12, 2013などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク