米軍などによるシリア爆撃:トルコ国境近くでダーイシュ製油所を爆撃(2014年9月28日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、米軍など有志連合に所属する戦闘機が、トルコ国境に面するタッル・アブヤド市(ダーイシュ(イスラーム国)の拠点)郊外にある自家製の石油精製所1カ所を含む4カ所を空爆した。

米軍などはまた、ラッカ市郊外のプラスティック工場、ラッカ市裁判所近くに対しても空爆を行い、民間人1人が死亡した。

**

SITE(9月28日付)は、ツイッターなどでの活動家らの書き込みから、ホラサーンの幹部、ムフスィン・ファドリー氏、アブー・ユースフ・トゥルキー氏が米軍など有志連合のシリア空爆で死亡したと思われると伝えた。

AFP, September 28, 2014、AP, September 28, 2014、ARA News, September 28, 2014、Champress, September 28, 2014、al-Hayat, September 29, 2014、Kull-na Shuraka’, September 28, 2014、al-Mada Press, September 28, 2014、Naharnet, September 28, 2014、NNA, September 28, 2014、Reuters, September 28, 2014、SANA, September 28, 2014、SITE, September 28, 2014、UPI, September 28, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク