レバノンの動き:ハリーリー元首相がシリア国民連合を批判(2014年9月28日)

ムスタクバル潮流代表のサアド・ハリーリー元首相は、レバノン軍によるシリア人避難民への処遇を批判する書簡を国連安保理宛に提出したシリア革命反体制勢力国民連立の対応に関して、「連立は避難民の人権を擁護する権利があるかもしれないが、避難民や反乱軍に関心を示すなら…、8月にイスラーム主義者に拉致されたレバノン軍兵士や治安部隊隊員の釈放を求めるべきだ」と批判した。

**

「オメガ・チーム」を名乗る若者グループが、ベイルート県内にあるジャズィーラ・チャンネルの支局で、座り込みのデモを行い、ツイッターを通じてレバノン軍を侮辱した同チャンネルの名物アナウンサーのファイサル・カースィム氏の解任を求めた。

AFP, September 28, 2014、AP, September 28, 2014、ARA News, September 28, 2014、Champress, September 28, 2014、al-Hayat, September 29, 2014、Kull-na Shuraka’, September 28, 2014、al-Mada Press, September 28, 2014、Naharnet, September 28, 2014、NNA, September 28, 2014、Reuters, September 28, 2014、SANA, September 28, 2014、UPI, September 28, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き パーマリンク