シリア国内の暴力:ヌスラ戦線、イドリブ県のハズム運動拠点も制圧(2014年11月2日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シャームの民のヌスラ戦線が、「穏健な反体制派」の一つハズム運動の拠点ハーン・スブル村を制圧し、同運動司令官の一人ムハンマド・ガーズィー氏を捕捉した。

ハズム運動は、ヌスラ戦線の進軍を受け、同村から撤退していた。

またヌスラ戦線は、ハズム運動を含むジハード主義武装集団が占拠していたマアッルシューリーン村、マアスラーン村、ダーディーフ村、カフルバッティーフ村、カフルルーマー村も合わせて制圧した。

AFP, November 2, 2014、AP, November 2, 2014、ARA News, November 2, 2014、Champress, November 2, 2014、al-Hayat, November 3, 2014、Kull-na Shuraka’, November 2, 2014、al-Mada Press, November 2, 2014、Naharnet, November 2, 2014、NNA, November 2, 2014、Reuters, November 2, 2014、SANA, November 2, 2014、UPI, November 2, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク