シリア国内の暴力:ダマスカス大学前で連続自爆テロ(2014年11月2日)

ダマスカス県では、ARA News(11月2日付)によると、ダマスカス大学の文学部、医学部の入り口付近(マッザ区)で、連続自爆テロが発生し、自爆犯1人が死亡、学生複数が負傷した。

またシリア人権監視団によると、ジャウバル区をシリア軍が砲撃した。

**

ハサカ県では、ARA News(11月2日付)によると、ハサカ市東部で、治安機関と国防隊のパトロール部隊を狙った爆弾テロが発生、隊員1人が死亡、2人が負傷した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員がハンダラート・キャンプ一帯で、アンサール・ディーン戦線と交戦した。

またアレッポ市カラムトゥッラーブ地区で、「自由シリア軍」とヌスラ戦線がシリア軍と交戦し、双方に死傷者が出た。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、ハウワーシュ村をシリア軍が砲撃する一方、ジハード主義武装集団はスカイラビーヤ市各所を砲撃した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、カラムーン山地一帯郊外の無人地帯で、ヒズブッラー戦闘員とシャームの民のヌスラ戦線が交戦した。

**

ヒムス県では、Champress(11月2日付)によると、ザアフラーナ村、ワーディー・カフフで、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、Champress(11月2日付)によると、アトマーン村で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、Champress(11月2日付)によると、ファイルーン村、マアッラトミスリーン市、カンスフラ村、カストゥーン村、ビンニシュ市、アルバイーン山周辺、ザーウィヤ山周辺、ナフリヤ村ーで、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, November 2, 2014、AP, November 2, 2014、ARA News, November 2, 2014、Champress, November 2, 2014、al-Hayat, November 3, 2014、Kull-na Shuraka’, November 2, 2014、al-Mada Press, November 2, 2014、Naharnet, November 2, 2014、NNA, November 2, 2014、Reuters, November 2, 2014、SANA, November 2, 2014、UPI, November 2, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク