人権団体発表:「ラッカ爆撃でダーイシュのメンバーも死亡しているだろう」(2014年11月26日)

シリア人権監視団は、11月25日のシリア軍によるラッカ市への空爆によって95人が死亡、121人が負傷したと発表した。 同監視団は「この空爆でダーイシュ(イスラーム国)のメンバーも死亡しているだろう」としつつ、95人のうち52人が市民だと付言した。 同監視団による前日の発表では死者数は63人だった。

ARA News, November 26, 2014

ARA News, November 26, 2014

AFP, November 26, 2014、AP, November 26, 2014、ARA News, November 26, 2014、Champress, November 26, 2014、al-Hayat, November 27, 2014、Kull-na Shuraka’, November 26, 2014、al-Mada Press, November 26, 2014、Naharnet, November 26, 2014、NNA, November 26, 2014、Reuters, November 26, 2014、SANA, November 26, 2014、UPI, November 26, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク