シリア政府の動き:ハサカ県でダーイシュ掃討に向けた会合(2014年12月4日)

ARA News(12月4日付)によると、シリア軍のハサカ市における司令官であるムハンマド・ハッドゥール少将は、同市の名士やハサカ県の部族代表らとハサカ県庁舎で会談、ダーイシュ(イスラーム国)と戦闘を続けるシリア軍への支援、ダーイシュによって占拠されている県内各所の解放、国民和解の進め方などについて意見を交わした。

AFP, December 4, 2014、AP, December 4, 2014、ARA News, December 4, 2014、Champress, December 4, 2014、al-Hayat, December 5, 2014、Kull-na Shuraka’, December 4, 2014、al-Mada Press, December 4, 2014、Naharnet, December 4, 2014、NNA, December 4, 2014、Reuters, December 4, 2014、SANA, December 4, 2014、UPI, December 4, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 パーマリンク