レバノンの動き:ナスルッラー書記長「イスラエルとの交戦規定を気にせず…いつでも、どこでも報復する」(2015年1月30日)

ヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長はベイルート郊外(ダーヒヤ)のサイイド・シュハダー集会場で開催された「クナイトラ殉教者追悼集会」でテレビ演説を行い、「イスラエルとの交戦規定を気にせず…いつでも、どこでも」報復すると述べた。

集会は、18日にイスラエルがシリア領ゴラン高原アマル農園でヒズブッラーの車輛に対して行った越境空爆の犠牲者を追悼するためのもので、ナスルッラー書記長は「我々は戦争を望まない」としつつ、「レジスタンスが戦争を恐れている…とイスラエルが思っているのなら、敵に言っておこう。我々が戦争を恐れず、反撃を躊躇せず、我々がそうすることを強いられたときは、我々が勝利するということを知るがよい」と述べた。
W460

AFP, January 30, 2015、AP, January 30, 2015、ARA News, January 30, 2015、Champress, January 30, 2015、al-Hayat, January 31, 2015、Iraqi News, January 30, 2015、Kull-na Shuraka’, January 30, 2015、al-Mada Press, January 30, 2015、Naharnet, January 30, 2015、NNA, January 30, 2015、Reuters, January 30, 2015、SANA, January 30, 2015、UPI, January 30, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き, 諸外国の動き パーマリンク