アレッポ県で反体制武装集団の再編・糾合相次ぐ(2015年1月31日)

クッルナー・シュラカー(1月31日付)によると、アレッポ市内で活動する武装集団は、第1歩兵連隊として統合、スルターン・ムラード連隊に所属することを決定した。

スルターン・ムラード連隊所属第1歩兵連隊に参加したのは、殉教者ザイン・ラバービーディー大隊、イフラース大隊、殉教者マフムード・シャイフー大隊、ハーリド・ブン・ワリード中隊。

なお、スルターン・ムラード連隊は、ブライジュ村一帯でシリア軍と対峙する武装集団。

**

アレッポ県で活動するシャーム戦線は30日付で声明を出し、シャームの民のヌスラ戦線の攻勢を受けるハズム運動を吸収・統合したと発表した。

Kull-na Shuraka', January 31. 2015

Kull-na Shuraka’, January 31. 2015

AFP, January 31, 2015、AP, January 31, 2015、ARA News, January 31, 2015、Champress, January 31, 2015、al-Hayat, February1, 2015、Iraqi News, January 31, 2015、Kull-na Shuraka’, January 31, 2015、al-Mada Press, January 31, 2015、Naharnet, January 31, 2015、NNA, January 31, 2015、Reuters, January 31, 2015、SANA, January 31, 2015、UPI, January 31, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク