シリア独立記念日:バアス党は声明で「シリアはテロに勝利する最初の国になる」と主張(2015年4月16日)

バアス党シリア地域指導部は独立記念日(4月17日)に合わせて声明を出し、「シリアはこの地域において植民地主義から完全解放された最初の国だった…。今日、我々人民は、退行主義、不正、後進性によって支えられている世界的な傭兵テロに勝利する最初の国になるための新たな歴史に突入しようとしている」と発表した。

**

また、バアス党民族指導部も独立記念日(4月17日)に合わせて声明を出し、「かつてオスマン人とフランス人の侵略と占領を打ち負かすことができた我らが人民は今日、バアス党シリア地域指導部書記長であるバッシャール・アサド大統領閣下の庇護と同国民の意志…のもとシリアのすべての県において、毛皮らしいテロとテロリストを浄化し、タクフィール主義の計略を頓挫させる能力を持っている…。シリア国民は今日、より偉大な独立の実現を楽観し注目している」と発表した。

AFP, April 16, 2015、AP, April 16, 2015、ARA News, April 16, 2015、Champress, April 16, 2015、al-Hayat, April 17, 2015、Iraqi News, April 16, 2015、Kull-na Shuraka’, April 16, 2015、al-Mada Press, April 16, 2015、Naharnet, April 16, 2015、NNA, April 16, 2015、Reuters, April 16, 2015、SANA, April 16, 2015、UPI, April 16, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク