シリア国民連合代表が国連本部での「化学兵器によるすべての犠牲者を追悼する日」会合で演説(2015年4月30日)

シリア革命反体制勢力国民連立のハーリド・ハウジャ代表は、ニューヨークの国連本部で催された「化学兵器によるすべての犠牲者を追悼する日」(4月29日)の会合で演説し、「シリア人は犠牲者の一部をなしている。シリア人は独裁者の手による化学兵器、樽爆弾、弾道ミサイルに曝され、拷問、飢餓、包囲によって殺されている」と主張した。

AFP, May 1, 2015、AP, May 1, 2015、ARA News, May 1, 2015、Champress, May 1, 2015、al-Hayat, May 2, 2015、Iraqi News, May 1, 2015、Kull-na Shuraka’, May 1, 2015、al-Mada Press, May 1, 2015、Naharnet, May 1, 2015、NNA, May 1, 2015、Reuters, May 1, 2015、SANA, May 1, 2015、UPI, May 1, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク