シリア軍とアル=カーイダ系組織からなるファトフ軍がイドリブ県で攻防を続ける(2015年6月5日)

イドリブ県では、マサール・プレス(6月5日付)によると、シリア軍がサルキーン市の電力会社をミサイルで空爆し、「民間人12人が死亡、数十人が負傷」した。

シリア軍はまた、マアッラト・ハルマ村、マアッラトマーティル村、マアッルズィーター村、カンスフラ村、バーラ村、ラーミー村、イブリーン村、マアッラト・ヌウマーン市、バルシューン村を「樽爆弾」などで空爆した。

これに対して、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなるファトフ軍は、シリア政府支配下にあるムハムバル村に向かって進軍を試み、同市周辺、ハルシュ・ブサンクール村、カイヤーサート検問所一帯でシリア軍と交戦する一方、ジスル・シュグール市南部のアアワル高地一帯でも、同地への進軍に成功したシリア軍と交戦した。

一方、SANA(6月5日付)によると、アウラム・ジャウズ村、ラーミー村、カフルハーヤー村、ムウタリム村、カイヤーサート検問所北部をシリア軍が空爆し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、ハルシュ・ブサンックール村一帯に進軍したヌスラ戦線と交戦、これを撃退するとともに、サンカラ村一帯、カフルシャラーヤー村でも反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がアレッポ市マイサル地区など同市東部一帯を「樽爆弾」で空爆、マイサル地区では子供1人を含む3人が死亡した。

一方、SANA(6月5日付)によると、アレッポ市バニー・ザイド地区、サラーフッディーン地区、カーディー・アスカル地区、旧市街、アターリブ市、アウラム・クブラー町、マドユーナ村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、バドル殉教者旅団の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

他方、クッルナー・シュラカー(6月5日付)によると、「革命武装組織」がハッダーディーン村一帯でシリア軍と交戦し、同地を制圧した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が東カラク村、ムザイリーブ町、ウンム・アウサジュ村、ナーフタ町、ナマル町などを「樽爆弾」で空爆、ムザイリーブ町では子供1人が死亡した。

一方、SANA(6月5日付)によると、ナーフタ町・東ムライハ町間街道、東ガーリヤ村・スーラ町間街道、ムサイフラ町、東カラク村、キヒール村、ダーイル町・ヒルバト・ガザーラ町間街道、ダルアー市各所で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線、イスラーム・ムサンナー運動の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア軍が、ザマルカー町、ジスリーン町、ミスラーバー市、バイト・ティーマー町、バイト・サービル町、ザブディーン村、アイン・タルマー村を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

またドゥーマー市、アーリヤ農場、ハラスター市郊外農場地帯でも、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、SANA(6月5日付)によると、シリア軍がジャウバル区を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

クナイトラ県では、SANA(6月5日付)によると、マスハラ村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

スワイダー県では、SLN(6月5日付)によると、自由シリア軍南部戦線第1軍が、シリア軍が駐留するサアラ航空基地に対して迫撃砲で攻撃を加えた。

Kull-na Shuraka', June 5, 2015

Kull-na Shuraka’, June 5, 2015

AFP, June 5, 2015、AP, June 5, 2015、ARA News, June 5, 2015、Champress, June 5, 2015、al-Hayat, June 6, 2015、Iraqi News, June 5, 2015、Kull-na Shuraka’, June 5, 2015、al-Mada Press, June 5, 2015、Naharnet, June 5, 2015、NNA, June 5, 2015、Reuters, June 5, 2015、SANA, June 5, 2015、SLN, June 5, 2015、UPI, June 5, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク