化学兵器禁止機関(OPCWは)米国籍船MVケープ・レイで行われていた危険度の高いシリアの化学兵器関連物質約600トンの廃棄作業が完了したと発表(2015年6月18日)

化学兵器禁止機関(OPCW)は声明を出し、シリア国内から搬出され、米国籍船MVケープ・レイで行われていた危険度の高い化学兵器関連物質約600トンの廃棄作業が完了したと発表し、歓迎の意を示した。

AFP, June 18, 2015、AP, June 18, 2015、ARA News, June 18, 2015、Champress, June 18, 2015、al-Hayat, June 19, 2015、Iraqi News, June 18, 2015、Kull-na Shuraka’, June 18, 2015、al-Mada Press, June 18, 2015、Naharnet, June 18, 2015、NNA, June 18, 2015、Reuters, June 18, 2015、SANA, June 18, 2015、UPI, June 18, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク