アレッポ県クワイリス航空基地一帯でシリア軍とダーイシュ(イスラーム国)の激戦続く(2015年8月23日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)による包囲が続くクワイリス航空基地一帯での戦闘で、ダー汚臭が爆弾を積んだ車を爆発させ、シリア軍の大佐が死亡した。

また同監視団は、22日のクワイリス航空基地一帯での戦闘で殺害された後に、シリア軍兵士によって切り落されたとされるダーイシュ戦闘員8人の頭部の画像を入手したと発表した。

なお、シリア人権監視団によると、クワイリス航空基地一帯および航空士官学校一帯での最近の攻防戦により、シリア軍は士官40人を含む51人を失ったという。

またこれを受け、ラタキア県、タルトゥース県、ヒムス県などでは、遺族らが抗議デモを行い、ダーイシュに包囲されているクワイリス航空基地への包囲解除に向けた行動をシリア政府に要求したという。

一方、ARA News(8月23日付)によると、アレッポ・ファトフ作戦司令室が、ダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるウンム・フーシュ村、ワフシーヤ村を砲撃した。

また、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊のアフリーン地区総司令部は声明を出し、8月14日に人民防衛隊の渉外委員会メンバーの「ジャマール」氏が消息を絶ち、その後の調査でシャームの民のヌスラ戦線に拉致されたことが明らかになったと発表した。

他方、SANA(8月23日付)によると、クワイリス航空基地一帯で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ジャズル・ガス採掘所一帯で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)との戦闘を続けた。

一方、SANA(8月23日付)によると、カルヤタイン市、マヒーン町をシリア軍が空爆し、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、アイン・イーサー市一帯で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊がダーイシュ(イスラーム国)との戦闘を続けた。

**

スワイダー県では、SANA(8月23日付)によると、ラシーダ村で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハサカ県では、ARA News(8月23日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)と西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊はフール町郊外で捕虜交換を行い、ダーイシュは人民防衛隊隊員3人を、人民防衛隊はダーイシュの外国人戦闘員3人を解放した。

また、ARA News(8月24日付)によると、有志連合がカーミシュリー市南部郊外のダーイシュ拠点を空爆した。

**

米中央軍(CENTCOM)は、8月23日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して20回の空爆を行ったと発表した。

このうちシリア領内での空爆は8回におよび、ハサカ市近郊(3回)、フール町(ハサカ県)近郊(2回)、アイン・イーサー市(ラッカ県)近郊(1回)、アイン・アラブ市近郊(1回)、ワフシーヤ村(アレッポ県、CENTCOM声明によると「ワシーヤ村」)近郊(1回)のダーイシュに対して攻撃が行われたという。

AFP, August 23, 2015、AP, August 23, 2015、ARA News, August 23, 2015、August 24, 2015、Champress, August 23, 2015、al-Hayat, August 24, 2015、Iraqi News, August 23, 2015、Kull-na Shuraka’, August 23, 2015、al-Mada Press, August 23, 2015、Naharnet, August 23, 2015、NNA, August 23, 2015、Reuters, August 23, 2015、SANA, August 23, 2015、UPI, August 23, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.