ヒムス市で爆弾テロが発生し住民多数が死傷、ダーイシュ(イスラーム国)が犯行を認める(2015年8月29日)

ヒムス県では、SANA(8月29日付)によると、ヒムス市ザフラー地区(ムワーサラート地区)で爆発が発生し、多数が死亡、数十人が負傷した。

これに関して、シリア人権監視団は死者がシリア軍兵士だとしている。

爆発が発生した地区にはアラウィー派宗徒が多く居住している。

ARA News(8月29日付)によると、死者4人、負傷者20人。

ダーイシュ(イスラーム国)通信部門のアアマーク通信は、この爆破テロに関して、メンバーが爆弾を仕掛けた車を自爆させたと伝え、関与を認めた。

Kull-na Shuraka', August 29, 2015

Kull-na Shuraka’, August 29, 2015

 

AFP, August 29, 2015、AP, August 29, 2015、ARA News, August 29, 2015、Champress, August 29, 2015、al-Hayat, August 30, 2015、Iraqi News, August 29, 2015、Kull-na Shuraka’, August 29, 2015、al-Mada Press, August 29, 2015、Naharnet, August 29, 2015、NNA, August 29, 2015、Reuters, August 29, 2015、SANA, August 29, 2015、UPI, August 29, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク