アル=カーイダ系組織からなるファトフ軍がイドリブ県フーア市、カファルヤー町と首都ダマスカスへの砲撃を激化させる一方、シリア軍がダマスカス郊外県ザバダーニー市一帯、東グータ地方などへの空爆を継続(2015年9月1日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、アル=カーイダ系のシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、ジュンド・アクサー機構などからなるファトフ軍によって包囲されているフーア市、カファルヤー町周辺各所で、国防隊、人民諸委員会がヒズブッラーとともに、ファトフ軍と交戦、またファトフ軍はフーア市、カファルヤー町に対して砲撃を加えた。

一方、ザーウィヤ山のバーラ村に対して、シリア軍が「樽爆弾」で空爆を行い、ジハード主義武装集団戦闘員1人を含む3人が死亡した。

シリア軍はまた、ビンニシュ市、ハーミディーヤ村、マアッルシューリーン村、ハーン・シャイフーン市を空爆した。

このほか、ヌスラ戦線などが包囲を強めているアブー・ズフール航空基地一帯では、シリア軍、国防隊が反体制武装集団と交戦した。

他方、SANA(9月1日付)によると、シリア軍がフーア市一帯、サワーギヤ村、ビンニシュ市、カッリー町、ザルダーナー市南部のファトフ軍拠点複数カ所を集中的に空爆し、シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などの戦闘員64人以上を殺害した。

また人民防衛諸集団(国防隊、人民諸委員会など)はフーア市に隣接するサワーギヤ村一帯で、ファトフ軍と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

そのほか、シリア軍は、マアッラーター村、カルサア村南部、マアッルシューリーン村、マアッラト・ヌウマーン市およびその一帯、マアッル・シャマーリーン村、マウザラ村、バサーミス村南部、ハーン・シャイフーン市、ムハムビル市、サッラト・ズフール村、カンスフラ村およびその一帯、カルクール村、シールマガール村、ハーン・スブル村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、ヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はさらに、アブー・ズフール町一帯、ウヌキーヤ村を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、SANA(9月1日付)によると、シリア軍がザジュラム丘、アンカーウィー村、ズィヤーラ町、マンスーラ村でファトフ軍の拠点に対して正確に攻撃を行い、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がザバダーニー市に隣接するマダーヤー町を空爆した。

またザバダーニー市では、シリア軍第4師団、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、パレスチナ解放軍が、シャーム自由人イスラーム運動などジハード主義武装集団と交戦を続けるなか、シリア軍が「樽爆弾」12発を投下するなど空爆・砲撃を行った。

このほか、シリア軍は、ハムーリーヤ市、アルバイン市、ドゥーマー市、ザマルカー町を空爆した。

一方、SANA(9月1日付)によると、シリア軍がマディーラー市でシャームの民のヌスラ戦線の武器庫を破壊し、複数の戦闘員を殺傷した。

シリア軍はまた、ハムーリーヤ市でイスラーム軍の拠点を攻撃、またアルバイン市でイスラーム国と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

このほか、ザバダーニー市では、シリア軍がレバノンのレジスタンス(ヒズブッラー戦闘員)とともに、反体制武装集団と交戦し、戦闘員3人を殺害した。

他方、クッルナー・シュラカー(9月1日付)によると、イスラーム軍が、ウンマ軍司令官(兼ドゥーマーの盾旅団司令官)で拘束中のマージド・ハイバ氏(アブー・アリー・ハイバ)に死刑判決を下し、ドゥーマー市内の広場で公開処刑(銃殺刑)した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ダマスカス郊外県各所に対するシリア軍の攻撃に対抗するかたちで、反体制武装集団がアッシュ・ウルール地区に対して迫撃砲を撃ち込み、1発が着弾した。

これに対して、シリア軍はジャウバル区に対して空爆を行った。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線などからなる反体制武装集団とダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うヤルムーク殉教者旅団が捕虜交換を行い、双方が捕捉していた戦闘員合わせて20人が解放された。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がラスタン市各所を空爆、またタッルドゥー市、ヒムス県ワアル地区各所に対して砲撃を行った。

一方、SANA(9月1日付)によると、ラスタン市、ガントゥー市、カフルナーン村周辺で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の指揮下で戦闘に参加しているヒムス軍団、ファールーク旅団などの戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市スライマーン・ハラビー地区で、反体制武装集団がシリア軍が拠点とする建物に向けて地下トンネルを掘削し、爆弾を仕掛けて爆破、シリア軍兵士20人以上を殺害した。

**

ラタキア県では、SANA(9月1日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団(国防隊など)とともに、ワーディー・バースール村、キンサッバー町、ジュッブ・アフマル村で反体制武装集団と交戦する一方、シリア軍が同地を空爆し、シャームの民のヌスラ戦線のサウジ人、トルコ人戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, September 1, 2015、AP, September 1, 2015、ARA News, September 1, 2015、Champress, September 1, 2015、al-Hayat, September 2, 2015、Iraqi News, September 1, 2015、Kull-na Shuraka’, September 1, 2015、al-Mada Press, September 1, 2015、Naharnet, September 1, 2015、NNA, September 1, 2015、Reuters, September 1, 2015、SANA, September 1, 2015、UPI, September 1, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク