旬刊シリア情報(試作版2015年8月21~31日)

2015年8月21日(金)から31日(月)までのシリアをめぐる主な動きは以下の通り。

1. シリア政府と反体制武装集団の戦闘

ダマスカス郊外県では、シリア軍が東グータ地方に対して無差別空爆を、反体制武装集団が首都ダマスカスに対して無差別砲撃を行う一方、イドリブ県・ハマー県・ラタキア県境では、アル=カーイダ系のシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動が主導するファトフ軍などからなる反体制武装集団がシリア軍、国防隊への攻勢を強めた。

また、シリア軍やレバノンのヒズブッラーの攻撃を続けるダマスカス郊外県ザバダーニー市では、アル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動戦闘員の退去などを協議するための一時停戦が発効した。

2015年8月半ばに次ぐ2度目の一時停戦では、反体制武装集団を代表してシャーム自由人イスラーム運動が、シリア政府の代理を務めるイラン高官とトルコで交渉を行ったが、ザバダーニー市からの反体制武装集団戦闘員の撤退、フーア市、カファルヤー町からの民間人の非難をめぐる意見の対立は解消せず、戦闘が再開された。

(主な関連記事)

■シリア軍が東グータ地方、ザバダーニー市でヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動との交戦を続ける(2015年8月21日)ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ハラスター市の車輌局一帯(シリア政府支配下)で、シャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団がシリア軍、国防隊と交戦した。またザバダーニー市では、シリア軍第4師団 … 続きを読む →

■シリア軍がドゥーマー市などダマスカス郊外県東グータ地方を「無差別空爆」し20人以上が死亡、シリア国民連合の拠点が破壊、反体制派もダマスカス市内を「無差別砲撃」(2015年8月22日) ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がドゥーマー市に対して空爆、地対地ミサイルなどによる砲撃を加え、少なくとも住民20人が死亡、約200人が負傷、行方不明となった(シリア人権監視団は23日、シリア軍が … 続きを読む →

■シリア軍による東グータ地方への空爆が続くなか、アドラー刑務所を反体制武装集団が砲撃し死傷者発生(2015年8月23日) ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、反体制武装集団が撃った迫撃砲弾複数発が旧市街のダマスカス中央刑務所(アドラー刑務所)近くに着弾した。これに関して、シリア・アラブ・テレビ(8月23日付)は速報で、ダマスカ … 続きを読む →

■東グータ地方に対するシリア軍の無差別空爆に対抗して、反体制派が首都ダマスカスを連日無差別砲撃(2015年8月24日)

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、シャイフ・ムフイーッディーン・モスク近く、バグダード通り、ジャーッド・ナフラーウィー地区、ウマイヤ・モスク周辺、旧市街、教育省地区、カッサーア地区、バーブ・トゥーマー区、バーブ … 続きを読む →

■イスラーム軍は首都ダマスカスへの無差別砲撃への関与を否定、政府の自作自演だと主張(2015年8月25日)

イスラーム軍は声明を出し、24、25日にダマスカス県各所に対して行われた迫撃砲による無差別攻撃に関して、「ロケット弾や迫撃砲弾が、カシオン山、ダマスカス西方のサッブーラ村(ダマスカス郊外県)から発射されている」と述べ、関 … 続きを読む →

■シリア軍がダマスカス郊外県での空爆を続ける一方、ファトフ軍はイドリブ県、ハマー県、アレッポ県で攻勢(2015年8月25日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がアルバイン市、ハラスター市を14回にわたって空爆した。 同監視団によると、8月半ばに激化した東グータ地方(ドゥーマー市、ハラスター市など)でのシリア軍の空爆により … 続きを読む →

■ハマー県北部ガーブ平原でファトフ軍が再び優勢、アレッポ県バーシュカウィー村ではシャーム戦線の内部対立に乗じてシリア軍が反転攻勢(2015年8月26日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、ガーブ平原一帯で、シャームの民のヌスラ戦線、ジュヌード・シャーム(チェチェン人)、トルキスターン・イスラーム党などジハード主義武装集団とシリア軍、国防隊、アラブ系・アジア系外国人戦闘 … 続きを読む →

■シリア軍とファトフ軍がイドリブ県・ハマー県・ラタキア県境一帯で攻防を続ける(2015年8月27日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、ガーブ平原のヒルバト・ナークース村一帯で、シリア軍、国防隊、アラブ系・アジア系外国人戦闘員が、シャームの民のヌスラ戦線、ジュヌード・シャーム(チェチェン人)、トルクメン・イスラーム … 続きを読む →

■ザバダーニー市(ダマスカス郊外県)、フーア市(イドリブ県)などで2度目の停戦が発効、ザバダーニー市からのシャーム自由人イスラーム運動の「安全な退去」とフーア市などからの住民の避難が争点に(2015年8月27日)

『ハヤート』(8月28日付)などは、ダマスカス郊外県ザバダーニー市とイドリブ県フーア市、カファルヤー町で戦闘を続けるシリア軍、ヒズブッラー戦闘員とシャーム自由人イスラーム運動など反体制武装集団が、48時間の一時停戦に合意 … 続きを読む →

■アル=カーイダ系組織のヌスラ戦線がイドリブ県のシリア軍の牙城アブー・ズフール軍事基地の正面玄関を完全制圧(2015年8月28日) イドリブ県では、シリア人権監視団によると、アブー・ズフール航空基地周辺で、シリア軍、国防隊とシャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団との交戦が続き、シリア軍が同地一帯に対して空爆を行った。ARA News(8 … 続きを読む→

■ザバダーニー市(ダマスカス郊外県)、フーア市(イドリブ県)などでの一時停戦が失効し、戦闘が再開、ダマスカス県でシャーム自由人イスラーム運動がシリア軍准将を暗殺(2015年8月29日)

27日午前5時に発効していたダマスカス郊外県ザバダーニー市、イドリブ県フーア市、カファルヤー町での一時停戦が、48時間の期限を迎え、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員と、シャーム自由人イスラーム運動、シャームの民のヌス … 続きを読む→

■ダマスカス県・郊外県、イドリブ県でシリア軍による空爆・砲撃と反体制武装集団による砲撃の応酬が続く(2015年8月30日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダーライヤー市に「樽爆弾」18発を投下、またアルバイン市、ハラスター市にも空爆を行った。 この空爆で、アルバイン市で女性1人が死亡、ドゥーマー市では子供2人、女性 … 続きを読む→

■イドリブ県フーア市、カファルヤー町からの避難民がダマスカス国際空港街道で座り込みを行い、反体制武装集団による包囲解除に向けた行動をシリア政府に要求(2015年8月31日)

ARA News(8月31日付)などによると、ダマスカス国際空港街道では、イドリブ県フーア市、カファルヤー町から避難した住民が座り込みを行い、道路を封鎖、反体制武装集団による両市の解除のための行動をシリア政府に求めた。
続きを読む→

■ザバダーニー市(ダマスカス郊外県)でシリア軍、ヒズブッラー戦闘員が進撃を続ける一方、ファトフ軍もフーア市、カファルヤー町(イドリブ県)で攻勢(2015年8月31日)
ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍第4師団、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、パレスチナ解放軍がザバダーニー市内でジハード主義武装集団、地元武装集団と交戦し、武装集団戦闘員6人が死亡した。
また、数ヶ月前 … 続きを読む→

2. 「安全地帯」

米トルコ両政府がアレッポ北部に設置合意したとされる「安全地帯」に対するダーイシュ(イスラーム国)の攻勢が激化し、アル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動などからなる反体制武装集団の主要拠点であるマーリア市がダーイシュによってほぼ完全に包囲されるにいたった。

こうしたなか、国境なき医師団が、ダーイシュの砲撃を受けた負傷者が、化学兵器によると思われる症状を発症したと発表した。

一方、トルコで米軍の軍事教練を受けた「穏健な反体制派」の第30(歩兵)師団が、ダーイシュとの戦闘のため、「安全地帯」にある反体制武装集団の主要拠点のマーリア市への進駐をめざしたが、米軍の支援を受けた武装集団の展開を好まないアル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線がこうした動きに異議を唱えた。

(主な関連記事)

■ダーイシュ(イスラーム国)がアレッポ県のクワイリス航空基地一帯でシリア軍に対して、また「安全地帯」で反体制武装集団に対して攻勢(2015年8月22日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、クワイリス航空基地一帯で、シリア軍とダーイシュ(イスラーム国)が交戦、シリア軍が同地一帯を空爆した。また、ARA News(8月23日付)によると、シャーム戦線は、マーリア市 … 続きを読む →

■トルコ外相:ダーイシュ(イスラーム国)掃討に向けて「近くシリア北部での包括的な航空作戦が開始されるだろう」(2015年8月24日)

『ハヤート』(8月25日付)によると、トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、ダーイシュ(イスラーム国)掃討に向けた米トルコ両政府の折衝が23日に終わり、近くシリア北部での包括的な航空作戦が開始されるだろう、と述 … 続きを読む →

■米軍の軍事教練を受けた「穏健な反体制派」の第30師団が、シリア軍の空爆を受けたと主張(2015年8月25日)

トルコ領内で米軍の軍事教練を受けシリア北部に派遣された第30(歩兵)師団は声明を出し、シリア軍戦闘機がアレッポ県北部にある師団の拠点複数カ所を空爆し、1人が負傷したと主張した。シリア軍の空爆を受けたとされる拠点の所在地 … 続きを読む →

■国境なき医師団:ダーイシュ(イスラーム国)と反体制武装集団が戦闘を続けるアレッポ北部の「安全地帯」で化学兵器使用の可能性を指摘(2015年8月25日)

国境なき医師団は声明を出し、アレッポ県北部での戦闘でのダーイシュ(イスラーム国)と反体制武装集団が戦闘を続ける地域で、攻撃に巻き込まれ負傷した患者4人が、化学兵器を使用した際に表れる症状を発症していたと発表した。 治療に … 続きを読む →

■ダーイシュ(イスラーム国)は「安全地帯」における反体制派の拠点マーリア市をほぼ完全包囲か(2015年8月27日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、マーリア市周辺地域およびハルジャラ村、ダルハ村一帯で、ダーイシュ(イスラーム国)とジハード主義者を含む反体制武装集団が交戦し、反体制武装集団が交戦した。『ハヤート』(8月28日 … 続きを読む →

■サウジアラビアが「飛行禁止空域」設置を求めるシリア国民連合の書簡を国連安保理に提出、シリア国連代表は安保理会合で、サウジアラビア、トルコ、カタールが支援するアル=カーイダ系組織が無差別砲撃を行っていると非難(2015年8月27日)

国連安保理(米ニューヨーク)で、安保理決議第2193号、第2165号、第2191号の実施状況を報告するための定例会合が開催された。 SANA(8月27日付)によると、会合では、バッシャール・ジャアファリー国連代表大使が … 続きを読む →

■シリア北部の「安全地帯」でダーイシュ(イスラーム国)とアル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動などからなる反体制武装集団の攻防続く(2015年8月28日)
アレッポ県では、シリア人権監視団によると、マーリア市一帯でダーイシュ(イスラーム国)と反体制武装集団の戦闘が続き、ダーイシュは、マーリア市に近いカフラ村で、爆弾を爆破、またマーリア市一帯では、ダーイシュと反体制武装集団が … 続きを読む→

■ハサカ市でダーイシュ(イスラーム国)が放棄した防毒マスクが発見される(2015年8月28日) ハサカ県では、SANA(8月28日付)によると、人民防衛集団(国防隊、バアス大隊などの総称)が、ハサカ市グワイラーン地区を占拠中のダーイシュ(イスラーム国)が掘削したと思われる近トンネルから、複数の防毒マスクを発見、押収 … 続きを読む→

■アレッポ県北部の「安全地帯」に続き、ダマスカス県南部、ダマスカス郊外県東カラムーン地方でダーイシュ(イスラーム国)とジハード主義武装集団の戦闘激化(2015年8月29日)
ダマスカス県では、スマート・ニュース(8月29日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)を名乗る武装集団が、ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプに接するカダム区でアジュナード・シャーム・イスラーム連合と交戦、同地区の大部分 … 続きを読む→

■ヒムス市で爆弾テロが発生し住民多数が死傷、ダーイシュ(イスラーム国)が犯行を認める(2015年8月29日) ヒムス県では、SANA(8月29日付)によると、ヒムス市ザフラー地区(ムワーサラート地区)で爆発が発生し、多数が死亡、数十人が負傷した。 これに関して、シリア人権監視団は死者がシリア軍兵士だとしている。 爆発が発生した地 … 続きを読む→

■トルコ外務省、有志連合によるシリア領内でのダーイシュ(イスラーム国)空爆への参加を開始したと発表(2015年8月29日) トルコ外務省は声明を出し、「8月24日に調印された(米国との)技術文書…に従い、我が国の戦闘機は有志連合とともに、昨日晩(28日晩)から、我が国の安全保障への脅威でもあるシリア領内のダーイシュ(イスラーム国)に対する空爆 … 続きを読む→

■ヌスラ戦線は米軍が教練した「穏健な反体制派」の第30師団がアレッポ県北部の「安全地帯」の反体制武装集団の拠点都市マーリア市に入ることを拒否(2015年8月30日) ARA News(8月30日付)は、米軍の教練を受けシリアに潜入している第30(歩兵)師団の戦闘員の一人、アフマド・アブドゥッラー氏の話として、シャームの民のヌスラ戦線が、ダーイシュ(イスラーム国)が攻勢を強めているマー … 続きを読む→

 

3. 文化遺産破壊

ヒムス県タドムル市にあるUNESCO世界文化遺産パルミラのバアル・シャミーン神殿、ベル神殿、そして同県カルヤタイン市にあるシリア・カトリック教修道院デイル・マール・エルヤーン(5世紀建設)をダーイシュ(イスラーム国)が爆破する一方、イドリブ県でもアル=カーイダ系のシャームの民のヌスラ戦線が、イスラーム教スーフィー教団聖者の墓地を爆破した。


(主な関連記事)

 

■ダーイシュ(イスラーム国)が5世紀に建てられたキリスト教のデイル・マール・エルヤーン修道院を破壊(2015年8月21日)

シリア文化省文化財博物館総局のマアムーン・アブドゥルカリーム総裁が、SANA(8月21日付)に対して明らかにしたところによると、ダーイシュ(イスラーム国)は21日、ヒムス県カルヤタイン市にあるシリア・カトリック教会の修道 … 続きを読む →

■ダーイシュ(イスラーム国)がUNESCO世界文化遺産パルミラのバアル・シャミーン神殿を破壊(2015年8月24日)

ARA News(8月24日付)は、ダーイシュ(イスラーム国)がUNESCO世界文化遺産に登録されているパルミラ遺跡(ヒムス県タドムル市)のバアル・シャミーン神殿を破壊したと伝えた。ヒムス市の活動家だというウマル・アブー・ … 続きを読む →

■ダーイシュ(イスラーム国)が、爆破したパルミラ遺跡バール・シャミーン神殿の写真を公開(2015年8月25日)

ダーイシュ(イスラーム国)ヒムス州の広報局は、23日に破壊されたとされるパルミラ遺跡(ヒムス県タドムル市)のバール・シャミーン神殿に爆弾を仕掛け、爆破する写真複数点をインターネットを通じて公開した。** ヒムス県で … 続きを読む →

■ダーイシュ(イスラーム国)に続いてアル=カーイダ系組織のヌスラ戦線もスーフィー教団シャイフ廟を「押収したタバコを焼却する」として爆破(2015年8月24日)

イドリブ県では、ARA News(8月25日付)によると、同県での反体制武装闘争を主導するアル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線が、アブー・ズフール町郊外の砂漠地帯にあるイスラーム教スーフィー教団のシャイフの廟の … 続きを読む →

■ダーイシュ(イスラーム国)がカルヤタイン市(ヒムス県)のキリスト教徒住民に、イスラーム教への改宗か、ジズヤ支払いか、退去を迫る(2015年8月30日) ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)ヒムス州が、キリスト教徒が多く住むカルヤタイン市の男性に対して、48時間以内にイスラーム教徒に改宗するか、「ジズヤ」(人頭税)を支払うか、同市から退去する …続きを読む→

■ダーイシュ(イスラーム国)がタドムル市にあるUNESCO世界文化遺産パルミラ遺跡のベル神殿を破壊(2015年8月31日) シリア人権監視団は8月30日に声明を発表し、ヒムス県タドムル市にあるUNESCO世界文化遺産のパルミラ遺跡にあるベル神殿の一部が、ダーイシュ(イスラーム国)によって破壊されたと発表した。** 『ハヤート』(9月1日付) …続きを読む→

**

シリア情勢についてもっと詳しく知りたい方は「シリア・アラブの春顛末期:最新シリア情勢」(http://syriaarabspring.info/)をご覧ください。またFacebook(https://twitter.com/SyriaArabSpring)、ツイッター(https://twitter.com/SyriaArabSpring)、Livdoor Blog(http://blog.livedoor.jp/syriaarabspring/)でも記事を配信しています。

(C)青山弘之 All rights reserved.

 

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク