ラタキア市郊外で爆弾テロが発生し、住民10人が死亡(2015年9月2日)

ラタキア県では、SANA(9月2日付)によると、ラタキア市郊外にあるハマーム広場に面した殉教者イマード・アリー学校前で、「テロリスト」が大量の爆発物を積んだ車が爆破し、住民10人が死亡、25人が重軽傷を負い、周辺の住宅などが被害を受けた。

この爆破テロに関して、ワーイル・ハルキー内閣は直ちに非難声明を出した。

一方、シリア人権監視団によると、イドリブ県との県境に位置するナビー・ユーヌス峰山頂一帯で、シリア軍、国防隊がジハード主義武装集団と交戦、シリア軍がサルマー町一帯を空爆した。

これに対し、SANA(9月2日付)は、フルワ村、ラウダ村、ドゥワイルシャーン村に対してシリア軍が集中的な攻撃を加え、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊したと伝えた。

AFP, September 2, 2015、AP, September 2, 2015、ARA News, September 2, 2015、Champress, September 2, 2015、al-Hayat, September 3, 2015、Iraqi News, September 2, 2015、Kull-na Shuraka’, September 2, 2015、al-Mada Press, September 2, 2015、Naharnet, September 2, 2015、NNA, September 2, 2015、Reuters, September 2, 2015、SANA, September 2, 2015、UPI, September 2, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク