米軍の軍事教練を受けた第30師団が「安全保障地帯」のマーリア市に進駐し、ダーイシュ(イスラーム国)の拠点を砲撃(2015年9月2日)

米国がトルコで軍事教練を施した第30(歩兵)師団のメンバーの一人タラール・スライマーン氏はARA News(9月2日付)に対して、同師団が米トルコ両政府が設置合意したとされる「安全地帯」にある反体制武装集団の拠点都市マーリア市での任務を開始したことを明らかにした。

タラール氏は「軍(第30師団)の前衛部隊がマーリア市に入った後、隣接するタラーリーン村にあるダーイシュ(イスラーム国)の拠点複数カ所に対して激しい砲撃を開始した」と述べた。

また「(前衛部隊は)サンバル村、マーリド丘(マーリド村郊外)、スーラーン・アアザーズ町のダーイシュ拠点を連装ロケット弾発射機や重火器で砲撃し、複数の戦闘員を負傷させた」としたうえで、「マーリア市における自由シリア軍(第30師団のこと)は、有志連合による航空支援を受けている」と付言した。

一方、マスウード・イーブーを名乗る現地の活動家は、ARA News(9月2日付)に対し、「第30師団の高官と、シャームの民のヌスラ戦線などアレッポ県郊外のジハード主義者が属する作戦司令室との間で、マーリア市への第30師団の進駐などの調整が行われている」ことを明らかにした。

これに関して、シリア人権監視団は、米トルコ両政府が設置合意したとされる「安全地帯」にある反体制武装集団の拠点都市マーリア市一致、ハルジャラ村、ダフラ村、ハルバル村一帯で、ダーイシュ(イスラーム国)と反体制武装集団が交戦したと発表した。

他方、アレッポ県では、SANA(9月2日付)によると、アレッポ市東部航空士官学校、ナイラブ航空基地一帯で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

また、ARA News(9月2日付)によると、ユーフラテス川東部のカラフ・カウザーク村、スィッリーン町一致にダーイシュ(イスラーム国)が潜入し、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊と交戦した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、カダム区一帯で、ダーイシュ(イスラーム国)ダマスカス州とジハード主義武装集団が交戦した。

ドゥラル・シャーミーヤ(9月2日付)によると、同地では、ダーイシュに対抗するために、複数のジハード主義武装集団が統合作戦司令室を設置したという。

**

スワイダー県では、シリア人権監視団によると、ダルファア丘一帯(ダルファア村郊外)をダーイシュ(イスラーム国)が砲撃し、シリア軍、国防隊と交戦した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がカルヤタイン市一帯を約20回にわたって空爆した。

シリア軍はまた、タドムル市各所に対しても砲撃を加えた。

一方、SANA(9月2日付)によると、ワーディー・ブスィーリー一帯、カルヤタイン市北部、ジャズル村、ジバーブ・ハマド村、東ヒブラ村、西ヒブラ村、ムシャイリファ村で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

他方、アッシリア人権監視団によると、シリア赤新月社がダーイシュ(イスラーム国)ヒムス州との交渉で、ダーイシュがカルヤタン市で拘束中のキリスト教徒住民約270人を釈放させることで合意した。

釈放される住民のなかには、シリア・カトリックのデイル・マール・エルヤーン修道院長のジャーク・ムラード神父が含まれており、近くシリア釈放される予定だという。

**

ハサカ県では、ARA News(9月2日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)バラカ州がシャッダーディー市で大学生1人を「体制に内通している」として処刑した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がアブー・ハマーム市で男性3人を「武器を不法所持」していたとして処刑した。

**

米中央軍(CENTCOM)は、9月2日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して23回の空爆を行ったと発表した。

このうちシリア領内での空爆は7回におよび、フール町(ハサカ県)近郊(1回)、ラッカ市近郊(2回)、ダイル・ザウル市近郊(1回)、アイン・アラブ市近郊(2回)、マーリア市近郊(1回)のダーイシュに対して攻撃が行われたという。

AFP, September 2, 2015、AP, September 2, 2015、ARA News, September 2, 2015、Champress, September 2, 2015、al-Durar al-Shamiya, September 2, 2015、al-Hayat, September 3, 2015、Iraqi News, September 2, 2015、Kull-na Shuraka’, September 2, 2015、al-Mada Press, September 2, 2015、Naharnet, September 2, 2015、NNA, September 2, 2015、Reuters, September 2, 2015、SANA, September 2, 2015、UPI, September 2, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク