シリア軍がザバダーニー市(ダマスカス郊外県)でさらに進軍(2015年9月3日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍第4師団、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、パレスチナ解放軍がザバダーニー市で進軍を続け、シリア軍が「樽爆弾」6発を投下するなど、シャーム自由人イスラーム運動、地元武装集団に対して空爆・砲撃を加えた。

シリア軍はまた、ザバダーニー市に隣接するマダーヤー町に対しても砲撃を行い、子供2人を含む6人が死亡した。

さらに、シリア軍はバラダー渓谷のアイン・フィージャ町、サクバー市、ザマルカー町、アイン・タルマー村、ザブディーン村、ドゥーマー市などを空爆・砲撃し、ザブディーン村では男性2人が死亡した。

一方、SANA(9月3日付)によると、シリア軍がレバノンのレジスタンス(ヒズブッラー戦闘員)とともに、ザバダーニー市で作戦を継続し、反体制武装集団戦闘員20人以上を殲滅し、ウダイマ通りなど市内北部の建物群20カ所を新たに制圧した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ジャウバル区各所をシリア軍が空爆した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、フーア市、カファルヤー町周辺で、国防隊、人民諸委員会がヒズブッラー戦闘員の支援を受け、ファトフ軍との戦闘を続けた。

この戦闘で国防隊隊員1人が死亡した。

これに対して、シリア軍は、ナージヤ村、マアッラト・ヌウマーン市、アリーハー市、サラーキブ市、イフスィム村、マアッラーター村、シャンナーン村、カンスフラ村を空爆した。

一方、SANA(9月3日付)によると、シリア軍がマアッラト・ヌウマーン市、イフスィム村、アリーハー市一帯、カフル・ウワイド村、マアッラーター村、カンスフラ村、ジスル・シュグール市、バサーミス村、ジューズィフ村、フライカ村、マストゥーマ村、ズィヤーディーヤ市、アブー・ズフール町、ウンム・ジャリーン村、マジャース村、タッル・サラムー村、トゥルア村、サラーキブ市、そしてフーア市とカファルヤー町を包囲するファトフ軍が拠点とするラーム・ハムダーン村、サワーギヤ村、ビンニシュ市を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が、トルクメン山(ラビーア町一帯)を空爆した。

一方、SANA(9月3日付)によると、ブルジュ・ラフマリーヤ村一帯、サルマー町一帯、ザーヒヤ山一帯の反体制武装集団拠点に対してシリア軍が集中的に攻撃を加え、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ダルアー市マンシヤ地区で狙撃され重傷を負っていた女児が死亡した。

一方、SANA(9月3日付)によると、ブスラー・シャーム市西部地区でシリア軍が特殊作戦を行い、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、ダルアー市各所、アトマーン村の反体制武装集団拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ヒムス市ワアル地区でシリア軍が狙撃した。

一方、SANA(9月3日付)によると、ムシャイリファ村、ヒムス市ワアル地区で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の指揮下で戦うヒムス軍団の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がハウワーシュ村、ウムキーヤ村、ザイズーン発電所一帯を空爆した。

一方、SANA(9月3日付)によると、シリア軍がマンスーラ村、ズィヤーラ町、タッル・ワースィト村、アンカーウィー村、シャフシャブー山、ハウワーシュ村、ウムキーヤ村、カーヒラ村、ラターミナ町、カフルズィーター市で反体制武装集団と交戦し、ファトフ軍の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、タワーマ村各所をシリア軍が空爆、またアレッポ市シャイフ・サイード地区では、シリア軍、国防隊がアンサール・ディーン戦線などジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(9月3日付)によると、アンジャーラ村、ダーラ・イッザ市一帯などで、シリア軍が反体制武装集団の兵站路を砲撃し、シャーム戦線、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、ジャディーダ村、アルバイド村で反体制武装集団の拠点に対する特殊作戦を行い、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

さらに、シリア軍はアレッポ市ラーシディーン地区、サラーフッディーン地区、ブスターン・バーシャー地区、サーフール地区、バーブ・ナスル地区、アーミリーヤ地区、ハーン・アサル村で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

他方、ARA News(9月3日付)によると、シリア軍がアレッポ市・ハナースィル市間の街道を走行中の旅客バスを熱誘導式地対地ミサイルで誤って攻撃し、乗っていた乗客20人が死亡、20人が重軽傷を負った。

**

クナイトラ県では、SANA(9月3日付)によると、ハドル村、ハーン・アルナバ市西部、ハミーディーヤ村、フッリーヤ村、ウーファーニヤー村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, September 3, 2015、AP, September 3, 2015、ARA News, September 3, 2015、Champress, September 3, 2015、al-Hayat, September 4, 2015、Iraqi News, September 3, 2015、Kull-na Shuraka’, September 3, 2015、al-Mada Press, September 3, 2015、Naharnet, September 3, 2015、NNA, September 3, 2015、Reuters, September 3, 2015、SANA, September 3, 2015、UPI, September 3, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク