アル=カーイダ系組織のヌスラ戦線が制圧したアブー・ズフール軍事飛行場(イドリブ県)でシリア軍兵士65人を集団処刑(2015年9月19日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(9月19日付)によると、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線が、アブー・ズフール航空基地(9日に制圧)で捕捉したシリア軍兵士65人を集団処刑し、インターネット上で写真複数点が公開・拡散された。

シリア人権監視団によると、ヌスラ戦線、トルキスターン・イスラーム党などからなるファトフ軍がアブー・ズフール航空基地を制圧した9日以降に処刑したシリア軍兵士の数は、これで71人にのぼるという。

Kull-na Shuraka', September 19, 2015

Kull-na Shuraka’, September 19, 2015

Kull-na Shuraka', September 19, 2015

Kull-na Shuraka’, September 19, 2015

Kull-na Shuraka', September 19, 2015

Kull-na Shuraka’, September 19, 2015

 

AFP, September 19, 2015、AP, September 19, 2015、ARA News, September 19, 2015、Champress, September 19, 2015、al-Hayat, September 20, 2015、Iraqi News, September 19, 2015、Kull-na Shuraka’, September 19, 2015、al-Mada Press, September 19, 2015、Naharnet, September 19, 2015、NNA, September 19, 2015、Reuters, September 19, 2015、SANA, September 19, 2015、UPI, September 19, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク