「穏健な反体制派」と目されるアターリブ革命家連合は有志連合が軍事教練した第30師団との関係を否定(2015年9月24日)

「穏健な反体制派」と目されるアターリブ革命家連合は声明を出し、自分たちが第30(歩兵)師団(ないしは「新シリア軍」)に所属しておらず、有志連合と強調せずにダーイシュ(イスラーム国)との戦闘を行っていると発表した。

AFP, September 24, 2015、AP, September 24, 2015、ARA News, September 24, 2015、Champress, September 24, 2015、al-Hayat, September 25, 2015、Iraqi News, September 24, 2015、Kull-na Shuraka’, September 24, 2015、al-Mada Press, September 24, 2015、Naharnet, September 24, 2015、NNA, September 24, 2015、Reuters, September 24, 2015、SANA, September 24, 2015、UPI, September 24, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク