ファトフ軍支配下のイドリブ市でロシア軍の空爆に反対するデモ発生(2015年10月5日)

クッルナー・シュラカー(10月6日付)は、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などが主導するファトフ軍の支配下にあるイドリブ市で、ロシア軍によるシリア領内での空爆に抗議するデモが発生したと報じ、その写真を掲載した。

イドリブ市は、9月末にイラン、トルコの仲介で発効した停戦合意が、イドリブ県フーア市、カファルヤー町、ダマスカス郊外県のザバダーニー市などとともに非戦闘地域に指定されている。

Kull-na Shuraka', October 6, 2015

Kull-na Shuraka’, October 6, 2015

AFP, October 6, 2015、AP, October 6, 2015、ARA News, October 6, 2015、Champress, October 6, 2015、al-Hayat, October 7, 2015、Iraqi News, October 6, 2015、Kull-na Shuraka’, October 6, 2015、al-Mada Press, October 6, 2015、Naharnet, October 6, 2015、NNA, October 6, 2015、Reuters, October 6, 2015、SANA, October 6, 2015、UPI, October 6, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き パーマリンク