ロシア軍が再びシリア・トルコ国境地帯でトルコ軍戦闘機を標的としてレーダー捕捉(2015年10月11日)

トルコ軍参謀本部は声明を出し、シリア国境で偵察飛行を行っていたトルコ空軍のF-16戦闘機12機のうちの3機が、シリア領内に配備されているミサイル防衛システムによって2分間にわたり標的としてレーダーで捕捉され、またSu-22およびSu-24戦闘機2機によっても35秒にわたり標的としてレーダーで捕捉されたと発表した。

AFP, October 11, 2015、AP, October 11, 2015、ARA News, October 11, 2015、Champress, October 11, 2015、al-Hayat, October 12, 2015、Iraqi News, October 11, 2015、Kull-na Shuraka’, October 11, 2015、al-Mada Press, October 11, 2015、Naharnet, October 11, 2015、NNA, October 11, 2015、Reuters, October 11, 2015、SANA, October 11, 2015、UPI, October 11, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク