シリア軍がアレッポ県、ヒムス県、ダイル・ザウル県でダーイシュ(イスラーム国)への攻勢を続ける(2015年10月18日)

アレッポ県では、SANA(10月17日付)によると、シリア軍はサブイーン丘、ハラビーヤ村、ダクワーナ村およびその周辺一帯、マスラファ村、ジュッブ・サファー村、シャイフ・アフマド村、ジャディーダ村、ラスム・アブド村でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(10月17日付)によると、シリア軍がバルアース村、タフハ村、カルヤタイン市でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(10月17日付)によると、シリア軍がマリーイーヤ村、ムハイミーダ村、ダイル・ザウル航空基地一帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆・攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

一方、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)はカシュキーヤ村で、女性4人(シュアイタート部族)に対して「イスラーム国の財産を侵害しようとした」との理由で鞭打ち30回の刑と5,000シリア・ポンドの罰金刑を宣告、同村の中心街で刑を執行した。

AFP, October 18, 2015、AP, October 18, 2015、ARA News, October 18, 2015、Champress, October 18, 2015、al-Hayat, October 19, 2015、Iraqi News, October 18, 2015、Kull-na Shuraka’, October 18, 2015、al-Mada Press, October 18, 2015、Naharnet, October 18, 2015、NNA, October 18, 2015、Reuters, October 18, 2015、SANA, October 18, 2015、UPI, October 18, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク