ロイター:トルコ政府は6ヶ月の期限付きでアサド大統領の在留を認める用意がある(2015年10月20日)

ロイター(10月20日付)は、トルコの複数の高官からの情報として、トルコ政府が、アサド大統領を6ヶ月の期限付きで象徴的に残留させ、移行プロセスを進めることを受け入れる容易がある、と伝えた。

アサド大統領の残留に6ヶ月という期限を設けた移行プロセスは、英国が9月に提唱していたものと同じ。

AFP, October 20, 2015、AP, October 20, 2015、ARA News, October 20, 2015、Champress, October 20, 2015、al-Hayat, October 21, 2015、Iraqi News, October 20, 2015、Kull-na Shuraka’, October 20, 2015、al-Mada Press, October 20, 2015、Naharnet, October 20, 2015、NNA, October 20, 2015、Reuters, October 20, 2015、SANA, October 20, 2015、UPI, October 20, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク