米軍はダイル・ザウル県の油田地帯で地上作戦(降下作戦)を実施、ダーイシュ戦闘員と交戦、少なくとも1人を拘束(2015年10月21日)

ダイル・ザウル県では、ARA News(10月22日付)が、マヤーディーン市のヤースィル・ダイリーを名乗るメディア活動家の情報として、米軍のヘリコプター6機がダイル・ザウル市東部のウマル油田一帯で、特殊部隊を降下させ、ダーイシュ(イスラーム国)と交戦、少なくともメンバー1人を拘束した、と伝えた。

この活動家によると、米軍は降下作戦を行う前、ウマル油田地帯を激しく空爆していたという。

**

一方、これに関して、有志連合の合同司令部は22日、ダイル・ザウル市近郊のウマル油田に対して21日深夜に空爆を行い、ダーイシュ(イスラーム国)の資金収集能力に影響を及ぼすことになろう、と発表した。

AFP, October 22, 2015、AP, October 22, 2015、ARA News, October 22, 2015、Champress, October 22, 2015、al-Hayat, October 23, 2015、Iraqi News, October 22, 2015、Kull-na Shuraka’, October 22, 2015、al-Mada Press, October 22, 2015、Naharnet, October 22, 2015、NNA, October 22, 2015、Reuters, October 22, 2015、SANA, October 22, 2015、UPI, October 22, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク