ロシア大統領府報道官「ロシア軍の作戦はテロに対するもので、スンナ派を狙ったものではなく、アサド政権を支援するためのものでもない」(2015年10月22日)

ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、ロシア軍によるシリア領内での軍事作戦に関して「テロに対するもので、スンナ派を狙っておらず、またアサド大統領を支援するためのものでもない」と述べた。

また「多様性を有するシリア国民、そして主要な外国の当事者が参加したかたちでの政治的プロセス」が紛争解決には不可欠だと付言するとともに、「ロシアはロシア、サウジアラビア、トルコ、エジプト、ヨルダン、イラク、米国、EUからなる「テロとの戦い」のための同盟を希望している」と強調、そのために関係当事者と協力する用意があると述べた。

AFP, October 22, 2015、AP, October 22, 2015、ARA News, October 22, 2015、Champress, October 22, 2015、al-Hayat, October 23, 2015、Iraqi News, October 22, 2015、Kull-na Shuraka’, October 22, 2015、al-Mada Press, October 22, 2015、Naharnet, October 22, 2015、NNA, October 22, 2015、Reuters, October 22, 2015、SANA, October 22, 2015、UPI, October 22, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク