ロシアのプーチン大統領はYPGにシリア軍、ロシア軍との共闘を呼びかける:米国務省はシリア軍とYPGの共闘を拒否(2015年10月22日)

ロシアのヴラジミール・プーチン大統領は、ソチ市で開かれた戦争と平和に関する会議で、シリア情勢に言及、そのなかで21日のアサド大統領のモスクワ電撃訪問に関して「アサド大統領は、反体制武装勢力の一部が、対話とダーイシュ(イスラーム国)との戦いに真に専念するのであれば、彼らと対話する用意があると伝えてきた」と述べた。

プーチン大統領はまた、「ダマスカスで平和的なかたちでシリア危機を解決するために行動する。ロシア軍のシリアでのテロに対する空爆は、政治的な解決策を作り出すのに貢献するだろう。シリアのクルド人部隊は、シリアでのダーイシュとの戦いにおいてシリア軍とともに活動し、強調しなければならない」と述べ、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊にロシア軍およびシリア軍との共闘を呼びかけた。
ARA News(10月23日付)が伝えた。

**

これに対し、米国務省のマーク・トナー報道官は、「これまでに何度も述べてきた通り、シリア政府を信頼することはできない。シリア政府はダーイシュ(イスラーム国)と戦ういかなる同盟にも参加できない」と述べた。

AFP, October 23, 2015、AP, October 23, 2015、ARA News, October 23, 2015、Champress, October 23, 2015、al-Hayat, October 24, 2015、Iraqi News, October 23, 2015、Kull-na Shuraka’, October 23, 2015、al-Mada Press, October 23, 2015、Naharnet, October 23, 2015、NNA, October 23, 2015、Reuters, October 23, 2015、SANA, October 23, 2015、UPI, October 23, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク