ロシアのラヴロフ外務大臣「自由シリア軍を含むシリア国内の反体制派に航空支援を行う用意がある」(2015年10月24日)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は、ロシア第1チャンネル(10月24日付)のインタビューでシリア情勢に関して、自由シリア軍を含むシリア国内の反体制派に航空支援を行う用意があると述べる一方、シリアのすべての当事者に対して、大統領選挙および国会選挙実施の準備を進めるよう呼びかけた。

ラヴロフ外務大臣は「我々は、自由シリア軍を含むシリアの愛国的な反体制派に航空支援を行う用意がある…。我々にとって重要なのは、こうした反体制派を代表する人々、すなわちテロとの戦いを行う武装勢力を代表する人たちとコミュニケーションをとることにある」と述べた。

**

これに関して、「穏健な反体制派」と目される第13師団のアフマド・サウード報道官は、AFP(10月25日付)に「ロシアは自由シリア軍を空爆したが、今度はアサドに固執しながら、我々と協力したいと言っている。我々はロシアがまったく理解できない」と批判した。

一方、シリア革命反体制勢力国民連立のサミール・ナッシャール氏は、「自由シリア軍の支援を準備するぐらいなら、空爆を止めよ」と批判した。

AFP, October 24, 2015、AP, October 24, 2015、ARA News, October 24, 2015、Champress, October 24, 2015、al-Hayat, October 25, 2015、Iraqi News, October 24, 2015、Kull-na Shuraka’, October 24, 2015、al-Mada Press, October 24, 2015、Naharnet, October 24, 2015、NNA, October 24, 2015、Reuters, October 24, 2015、SANA, October 24, 2015、UPI, October 24, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク