フマイミーム軍事飛行場駐留のロシア人兵士が自殺(2015年10月27日)

ロシア国防省は、ラタキア県ジャブラ市郊外のフマイミーム航空基地(バースィル・アサド国際空港)に駐留するロシア軍の兵士1人(技術者)が自殺したと発表した。

インテルファクス通信(10月27日付)などによると、自殺したこの兵士は19歳で、「女性と個人的な問題」が自殺の原因と思われるという。

AFP, October 27, 2015、AP, October 27, 2015、ARA News, October 27, 2015、Champress, October 27, 2015、al-Hayat, October 28, 2015、Interfax, October 27, 2015Iraqi News, October 27, 2015、Kull-na Shuraka’, October 27, 2015、al-Mada Press, October 27, 2015、Naharnet, October 27, 2015、NNA, October 27, 2015、Reuters, October 27, 2015、SANA, October 27, 2015、UPI, October 27, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク