シリア治安当局はヒムス市バーバー・アムルー地区から避難していた住民約200世帯の帰宅を初めて許可(2015年10月31日)

ヒムス県では、クッルナー・シュラカー(10月31日付)によると、シリアの治安当局(ムハーバラート)は、2012年末のシリア軍によるヒムス市バーバー・アムルー地区突入によって避難した同地区住民約200世帯の帰国を許可した。

バーバー・アムルー地区への住民の帰宅を認めたのはこれが初めてだという。

AFP, October 31, 2015、AP, October 31, 2015、ARA News, October 31, 2015、Champress, October 31, 2015、al-Hayat, November 1, 2015、Iraqi News, October 31, 2015、Kull-na Shuraka’, October 31, 2015、al-Mada Press, October 31, 2015、Naharnet, October 31, 2015、NNA, October 31, 2015、Reuters, October 31, 2015、SANA, October 31, 2015、UPI, October 31, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 パーマリンク