ロシア人現役および退役軍人3人が使用するSNSアカウントがシリア領内で利用(2015年11月8日)

ロシア人ブロガーのルスラン・レヴィーヴ氏は自身が運営するライヴ・ジャーナル(http://ruslanleviev.livejournal.com/)で、少なくともロシア人現役および退役軍人3人が使用するSNSアカウントがシリア領内で利用されていると発表、シリア国内での地上戦にロシア軍兵士が参加している可能性が高いと指摘した。

『ハヤート』(11月9日付)が伝えた。

AFP, November 8, 2015、AP, November 8, 2015、ARA News, November 8, 2015、Champress, November 8, 2015、al-Hayat, November 9, 2015、Iraqi News, November 8, 2015、Kull-na Shuraka’, November 8, 2015、al-Mada Press, November 8, 2015、Naharnet, November 8, 2015、NNA, November 8, 2015、Reuters, November 8, 2015、SANA, November 8, 2015、UPI, November 8, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク