ダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つバーブ市が所属不明の戦闘機の爆撃を受け、10人が死亡(2015年11月8日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)の主要拠点都市の一つバーブ市で7日深夜から8日未明にかけて戦闘機(所属不明)による空爆が行われ、子供1人、女性1人を含む10人が死亡した。

一方、SANA(11月8日付)によると、シリア軍がラスム・アッブード村、ジャービリーヤ村、ハミーミーヤ村、アブー・ダンナ村、航空士官学校一帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機がダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるタドムル市各所を空爆した。

一方、SANA(11月8日付)によると、シリア軍がマヒーン町、フワーリーン村、タドムル市東部、アーラーク油田一帯、フナイフィース村、ウンク・ハワー村、ウンム・サフリージュ村でダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(11月8日付)によると、シリア軍がマリーイーヤ村、ジャフラ村のダーイシュ(イスラーム国)を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハサカ県では、ARA News(11月9日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がフール町郊外一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、ダーイシュのアミール2人を殺害した。


AFP, November 8, 2015、AP, November 8, 2015、ARA News, November 8, 2015、November 9, 2015、Champress, November 8, 2015、al-Hayat, November 9, 2015、Iraqi News, November 8, 2015、Kull-na Shuraka’, November 8, 2015、al-Mada Press, November 8, 2015、Naharnet, November 8, 2015、NNA, November 8, 2015、Reuters, November 8, 2015、SANA, November 8, 2015、UPI, November 8, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク