シリアの外務在外居住者省は米国主導の有志連合がシリア政府の同意を得ずに領内で爆撃を行い、インフラを破壊していると非難(2015年11月9日)

シリアの外務在外居住者省は、国連事務総長および安保理議長に対して書簡を送り、そのなかで米国が主導する有志連合が、シリア政府の同意を得ずにシリア領内での空爆を継続し、国内のインフラを破壊し続けていると報告した。

AFP, November 9, 2015、AP, November 9, 2015、ARA News, November 9, 2015、Champress, November 9, 2015、al-Hayat, November 10, 2015、Iraqi News, November 9, 2015、Kull-na Shuraka’, November 9, 2015、al-Mada Press, November 9, 2015、Naharnet, November 9, 2015、NNA, November 9, 2015、Reuters, November 9, 2015、SANA, November 9, 2015、UPI, November 9, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク