ロシア軍戦闘機は6~8日までの3日間で137回出撃し、448の標的を破壊する一方、シリア軍戦闘機は98回出撃し、反体制武装集団の司令拠点、車輌などを破壊(2015年11月9日)

SANA(11月9日付)によると、ロシア軍は11月6日から8日までの3日間で、137回の出撃を行い、アレッポ県、ダマスカス郊外県、イドリブ県、ラタキア県、ラッカ県、ヒムス県、ハマー県のテロ組織の標的448カ所を破壊した。

ロシア軍の空爆で破壊されたのは、司令拠点78カ所、武器燃料庫31カ所、車輌整備工場11カ所、爆弾製造工場6カ所、拠点・壕などの拠点60カ所。

一方、シリア・アラブ軍報道官は、シリア軍も11月6日から8日までの3日間で98回の出撃を行い、ダマスカス郊外県、ヒムス県、ハマー県、アレッポ県、イドリブ県、ダイル・ザウル県、ラッカ県のテロ組織拠点多数を破壊したと発表した。

シリア軍の空爆で破壊されたのは、ヒムス県カルヤタイン市、タルビーサ市、ダマスカス郊外県東グータ地方、イドリブ県ハーン・シャイフーン県にある反体制武装集団の壕・拠点5カ所と司令拠点3カ所、アレッポ県航空士官学校一帯、ヒムス県シャーイル・ガス採掘所、柑橘園一帯、ジュッブ・ジャッラーフ村東部に展開していた車輌10台、ハマー県カフルズィーター市、ラターミナ町の武器弾薬庫複数カ所、ダルアー県ダルアー市旧税関地区、アトマーン村一帯、ジュライン村東部などの拠点複数カ所と車輌9台。

AFP, November 9, 2015、AP, November 9, 2015、ARA News, November 9, 2015、Champress, November 9, 2015、al-Hayat, November 10, 2015、Iraqi News, November 9, 2015、Kull-na Shuraka’, November 9, 2015、al-Mada Press, November 9, 2015、Naharnet, November 9, 2015、NNA, November 9, 2015、Reuters, November 9, 2015、SANA, November 9, 2015、UPI, November 9, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク